Yogi's World Performing Journey!

パフォーマーYogiのブログサイト

初めての方へ -海外への行き方-

 
この記事を書いている人 - WRITER -
パフォーマーYogi 二十歳の頃より世界を周る放浪の旅に出る。アジア、ヨーロッパ、アフリカと駆け巡り、そこでの出逢いからパフォーマーとして歩み始める。その後はイタリアに居を定め演劇芸術を学んでいく。豊富な経験と独特の感性から綴られる言葉は広く世の中を描く。特技はバルーンアートとジャグリング、ハンドパン演奏♪
詳しいプロフィールはこちら

海外に行ったことある人ならば常識的な事ですが、行った事がない人はその準備に何が必要かもあまり分からないかもしれません。

今回はその中でも特に一番肝心で頭を悩ませるところを見て行きたいと思います。

・パスポート
・Visa(ビザ)
・お金の持ち方

パスポート

言わずもがな、これが無いとどこにも行けない世界共通の身分証明証の最高峰。
各自治体、市役所などで交付してもらえる。5年用と10年用がある。
有効期限に気を付けよう。残りの期間が短いと入国できない時がある。

外国に滞在中は常に携帯するように言われているが、それだと無くすリスクがあるのも確か。
パスポートコピーを取っておいてそれを携帯するのも一つの手。

Visa(ビザ)

ビザとはつまり通行手形です。その国に入るのに、必要な入国許可証みたいなものです。

これは、国によって必要だったりそうでなかったり、また金額もまちまちです。
なぜかと言うと、これは自国と相手国の政治的な新密度に左右されます。とても仲の良い友好国だったり、たくさん援助をしていたりすると、Visa代は安かったり、必要なかったり。
しかし敵対していたり、仲の悪かったりするとその逆に…。

因みに日本のパスポートはとても良いです。ビザが必要な国が少なかったり、その金額も安かったりする事が多いです。また日本人というだけで良い印象を持ってくれている国や人は多いです。

(因みにクレジットカードのvisaとは全く関係ありません)

 

・ビザの習得の仕方

訪れたい国の大使館に行きVisaの申請に来た、と言えば対応してもらえます。

Visa申請に必要な物は通常、
・パスポートコピー
・顔写真
・お金(数千円ほど)
・申請用紙(大使館に置いてある。Webでも取れる場合がある)

例えばインドに行くのに日本人はビザが必要です。今あなたが日本にいるのならば、日本にあるインド大使館に赴き申請します。だいたい1週間ほどで習得できるかと思います。また代行業者なども通じて取ることも出来ます。

しかし、もし今あなたがどこか別の国にいてこれからインドを目指す場合、その時はその国にあるインド大使館を探して行きます。例外として、もし今いる国がインドと国交がなかったりすると大使館が無いので、別の国でインド大使館を探して行きます。

 

お金の持ち方

海外旅行者にとってお金の持ち方は頭を悩ませるところでした。
一昔前までは、トラベラーズチェックが盛んでしたが、両替する手間や、結局持ち運ばなければいけない煩わしさ、無くしても再発行するのが面倒だったり、なので今はもう自然と消滅してしまいましたね。

では、現代ではどうするのが一番効率がいいか?
今は国際キャッシュカードが増えてきて、今あなたが使っている銀行のカードがそのまま海外のATMでも使えたりします。

その確認の簡単な方法が、カードの裏面に、PLUSやCirrusなどのマークが書いてあるかです。

・PLUSはVisaと提携しています。
なのでVisaカードが使えるATMではお金が降ろせます。

・CirrusはMasterと提携していて、
なので、Masterカードが使えるATMではお金が降ろせます。

つまり、VisaもMasterも世界中を網羅しているので、アジアの辺境から、アフリカの秘境まで大抵どこでも使えます。

*銀行によっては手続きが必要な場合もあるので、自身の銀行に一度確認してみましょう。

キャッシュカードの裏面をチェック!

 

海外のATMはこのように提携先をマークしている所が多い。 首都の銀行や、その国を代表するような銀行ならば確実に使える

 

僕が旅していた2006年当時、僕は新生銀行のキャッシュカードと、三井住友のVisaクレジットカードの2枚だけを持って世界中を旅していた。

新生銀行のキャッシュカードが日常用。
Visaクレジットカードは非常時の為に持っていました。

クレジットカードはたまに使いましたが、ほとんどはキャッシュカードだけで問題なく使えていました。

ただやはり、機械トラブルや何が起きるか分からなくて怖い、また結局は現金が物を言うというのは当然です。なので多少の現金を持っていると安心ですね。そういう場合はアメリカドルがやはり強いです。特に貧しい国に行くと、その国の通貨はあまり信用が無いのでそこの人々もあまり受け取りたがりません。

なのでドルで払いたいと言うと、たいていはみな快く承諾してくれます。

その時はレートをしっかりとチェックして払い、損のないようにしましょう。でも多少多く払うのもチップであり、気前の良さかもしれませんが!

ドルは細かい数字のも用意しておくと良いかもしれません。1ドル、5ドル、10ドル札があると便利ですね。またあくまでも非常用なので持って多くても300~500ドルくらいかなと思います。

カードを使う最大の理由は、スリや強盗対策の為ですから!

現金は、様々な場所に分散して隠し持ちましょう。

僕のお勧めは、隠しベルトです。

航空券の選び方

今の時代は、飛行機がだいぶ安くなって、アジア諸国やオセアニアへと行くならばすごく便利になりました。

LCCと呼ばれる格安航空券は、2000年代初頭よりヨーロッパで流行りだし、その先駆けとなったのはイギリスのRyan airとEasy Jetじゃないでしょうか。

ロンドンーパリ間を10ユーロなどのキャンペーンをやっていたのには驚愕しました!

ただ、荷物の制限があったり、機内サービスが無かったり、また飛行機が欠航したなどのトラブルの際などにサービスやフォローがそこまで付随されていないので注意が必要です。

また安いからと言って安全性が心配されますが、そこは通常以上の配慮がなされているかと思います。今までに大きな格安飛行機での事故は起こっていません。

そして世界一周航空券というのも登場し、世界一周をプランしてくれたり、本当簡単に旅できるようになりました。

そういうのが無くて、とりあえず旅に出てから考えたいという人は、お勧めはまずはタイのバンコクに行く事ですかね。タイのバンコクはアジアのへそとも呼ばれている場所で、バンコクから世界中の様々な場所へと飛行機が出ています。そしてその料金も安いのです。

おまけ~電化製品の話~

もう一つ頭を悩ませるのが、電子機器の充電です。
カメラに携帯に音楽プレーヤー。またPCやタブレットなども。

しかしみなさんご存知でしたか?今、日本で日常的に使っている電子機器の充電器は海外の電圧そして周波数にも対応しているという事を。

日本は100ボルトです。
しかし、ヨーロッパなどは倍以上の220~240ボルト。他の多くの国と地域でもそれくらいが普通です。
周波数も50Hzだったり60Hzだったりします。

その為に一昔前まではコンバーター(変圧器)というのを使って、日本製品に合うボルト数まで下げていたのですが、今の時代売られている製品はすでに240ボルトまで耐えられるように作られています。

その確認方法ですが、写真の赤線の所に注目してください。
100v-240vとあります。
そして50/60Hzと。

これらはこれらの範囲内で使用できるという事です。つまり海外でも直接そのまま使えます。

プラグの形状だけ国によって形が違うので、物理的に挿せません。なのでそれを変えるプラグのみ必要です。空港や電気屋さん、また今ではダイソー百均でも売っています。
全ての形に変化するマルチプラグも便利です。

各国のプラグ

 

しかし今でも対応していない製品もあるので、必ずあなたの持って行く電化製品を確認してください。
特に電気使用量が多いドライヤーやアイロン、炊飯器などは注意が必要です。
旅行用品店などで海外使用になって売っている物や、現地で調達するのも一つの手です。
(日本は世界一ボルト圧が低い)

また、途上国の電圧は不安定な供給が多いために、本当に万が一を考えるのならば精密機械にはコンバーター(変圧器)を通すと良いのですが、これがまた重い!!

海外旅行はいかに荷物を減らせるか、軽くできるかが勝負なので、ここはかなり頭を悩ませるところです。
個人的には、普通のバックパックや旅行のような旅であるのならば必要ないと思います。

以上、不明な点があればご質問くださいね。

みなさんの旅が素敵なものになる事を願って♪

この記事を書いている人 - WRITER -
パフォーマーYogi 二十歳の頃より世界を周る放浪の旅に出る。アジア、ヨーロッパ、アフリカと駆け巡り、そこでの出逢いからパフォーマーとして歩み始める。その後はイタリアに居を定め演劇芸術を学んでいく。豊富な経験と独特の感性から綴られる言葉は広く世の中を描く。特技はバルーンアートとジャグリング、ハンドパン演奏♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© World Performing Blog , 2018 All Rights Reserved.