Profile

 

Yoji Yanagisawa

Balloon Art
Juggling
Handpan

Entertainar/Performer/Artist

1984 Japan

 

20歳の頃より世界を周る旅にでる。

陸路で周る事にこだわり日本を船で出発した後は、中国大陸からチベットを渡り、ネパール、インドへと。その後中央アジアを通り、西へ西へと進み続けた。そしてヨーロッパ、果てはアフリカ大陸までと辿り着いた。

モロッコから始まったアフリカの旅は南アフリカを目指して南下して進んだ。その途中にセネガルやマリといった国々を渡り、そしてガーナへと辿り着いた。ガーナでは、観光客に向けてファイアーダンスやアクロバットをする人たちと出逢い、またその地で生きる逞しい若者たちともたくさん出逢った。そこでの日々は今までの自分の人生を総清算するような自身の内面を見つめる深い日々だった。今まで自分が生きていた何倍も濃く深い人生を送っている彼ら。自分の今までを振り返らずにはいられなかった。

そしてこの時の出逢いと流れは、自身もパフォーマンスをするという運命とも思える道へと導いて行ってくれるものであった。この時期に出逢った人々、受けた感性、得た気付きは、自分の根幹を成していくのだった。

「生きるとは輝くことだ。今きみは生きている。それを全身全霊で表現するんだ」

彼らに教わった言葉である。

そしてこれ以降の旅は、今までとは全く違ったものになっていくのだった…。


アフリカの旅は合計6ヶ月で終えた。
そして再び戻ったヨーロッパでは、無銭で旅をし、ヒッチハイクと路上パフォーマンスにて修業を詰み、ヨーロッパ全体を駆け巡った。

その後、出逢いの御縁はイタリアのローマへと向いた。そこでは芸を深める事を目的とし、腰を下ろし住み始めるのだった。そこの文化、芸術、感性を学び、そしてイタリアの伝統演劇「Commedia dell’arte」を学ぶ。

奇しくもイタリアは、欧米の演劇文化に多大な影響を与えた国であることを後に知る。
そして、自分の持ち味を活かしてくれる、天才的な感性を持つ師と出逢うのだった。

世界から学んだことはとてつもなく大きくて深い。それは自分自身の成長の糧としてくれるには充分すぎる程のものだった。

 

現在ではバルーンアートとジャグリング、ハンドパンを使い、自身の世界観を表現するパフォーミングアーティストとして活動中である。

「ストーリー性、即興性、仮面、マイム、舞」、Yojiの物語は これらによって構成される。

日本人としてのアイデンティティーと、長期海外経験によって解き放たれた感性は、唯一無二の世界観を創りだす。

 

自身の最終的な目標は、’’伝える’’事である。

それは、世界を旅して見てきた者の使命かもしれない。

「愛、夢、感動」

これらがその根底である。

 

I went on a journey around the world to find myself when I was 20 years old.

Deciding only to travel by land, after landing in China, I set forth travelling through Tibet, Nepal, and into India. I then continued West and up into Europe circling down to arrive in West Africa.

When I was in Ghana, I was inspired by the people I encountered. This inspiration helped me to find parts of myself and to express it in the form of performance.

「To live is to shine. You are alive now. So, express it with whole your body spirit!
Show them! You are here!」

It is what I learned from them.
This was my starting point.

 

Returning to Europe, I trained myself by hitchhiking and travelling without money. I performed on the street in order to better myself.

I then arrived in Italy by chance. I decided to stay with the aim to deepen my understanding of the arts and to fully comprehend the culture, techniques, and develop a sense of the way of life. I went to school to learn traditional Italian theater.

In Italy, I met a man with genius sensibility who I believe to be my master. He could make full use of my talent while still advising me and helping me to grow.

 


Yoji’s performance is,

using Balloon art,Juggling and Handpan to express a view of his own world.

“Story, mask, mime, improvisation, dance”​

The identity as a Japanese and the sensibility nurtured through long-term overseas experience create a unique view of the world. An absolutely original world unlike any other. It shakes the heart of the people, and makes emotions spring.


What is in the bottom of my heart comes from the unique feelings I have experienced in travelling the world. It is a message that I must deliver to people in order to live life
strongly.

“Love, dream, impression”

These are the roots.