Yogi's World Performing Journey!

パフォーマーYogiのブログサイト

話題の施設☆チームラボの光の空間に行ってきた!

2018/12/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
パフォーマーYogi 二十歳の頃より世界を周る放浪の旅に出る。アジア、ヨーロッパ、アフリカと駆け巡り、そこでの出逢いからパフォーマーとして歩み始める。その後はイタリアに居を定め演劇芸術を学んでいく。豊富な経験と独特の感性から綴られる言葉は広く世の中を描く。特技はバルーンアートとジャグリング、ハンドパン演奏♪
詳しいプロフィールはこちら

現在お台場に常設展示されているチームラボのボーダレスという名の光の演出空間!

それはただのプロジェクションマッピングだけでなく、光が動き、変わり、時に追いかけてきたり、反応したり、様々な工夫とアイデアの元、光の魔法が仕掛けられています。

圧倒的なデザインとスケールで見るものの心を奪い、完全に異空間を演出していました。

チケットは?いつ行くのがベスト?

行ける方は絶対に平日に行くのがオススメです。
しかし自分が行った平日ですら若干の待ち時間がありました。

また当日券も買えるようですがその保証はなく、平日でも前売り券を買って行った方が無難だと思います。

現地に着くと、まずチケットの有無で列に並びます。

チケットがあって、僕らは15分ほど待ちました。

一度に中に入れる人数は限られていて制限されているので、一定時間ごとに、30人くらいづつ中へ通されます。

アジアや欧米などの外国からのお客方もちらほらいました。
英語でのアナウンスもあります。流石です☆こういう場で日本語だけだと、外国人の立場からするとすごく閉鎖的に感じますからね。

さて、中に入ると、まずすぐに3つの進路が現れます。
みんな一瞬躊躇し、そして思い思いの方向に進んでいきます。

薄暗くて、まるで迷路のよう。若干の怖さもあり。どこに通じているのか。

もうこの時点で、外とは空気が変わり、異世界に入り込んだ錯覚を起こします。

しかし、それを進んだ先には圧倒的な世界が待っています。

僕個人的には完全に宇宙空間だと思いましたね。(笑)

心ゆくまで満喫するために


中の空間は1階と2階になっています。

ここで注意したいのは、2階に上がってしまうと、もう1階には戻れないという事です。

僕もそうなのですが、1階の探索が終わっていないのに、2階へと通じる階段を見つけてしまい上がってしまいました。

すると、一方通行でもう1階へは戻れませんでした。

1階には、広告で見た圧倒的な演出空間が多数用意されているので、全て心ゆくまで満喫して欲しいと思います。

2階には、1階にないテーマでまた別の角度から遊べるような空間が用意されています。

また長い階段の途中には、お茶屋さんがあり、そこで飲むお茶も面白かったです。お茶に華が咲くんですよ!

その先に出口がありますが、出るのは自分のタイミングで大丈夫です。

一度中へ入るとなかなか出たくなくなるし、魔法の異次元空間にいつまでも居たいと思ってしまいます。

2階には実際に体験できるゲーム的アトラクションが多数ある。ここはぬり絵デザインコーナー。

でもだからこそ混むし、中の人数が一定以上に行かないように保たれているので、外ではなかなか入場できなくなってしまうのです。

僕は閉館2時間前に行きましたが、もっと居たかったですね。(笑)

みなさんには是非時間にゆとりを持って行って欲しいと思います。

そうそう、良いカメラを持っていくと良いですよ!

また小さな子供も楽しめますよ!迷子に注意ですが!

この記事を書いている人 - WRITER -
パフォーマーYogi 二十歳の頃より世界を周る放浪の旅に出る。アジア、ヨーロッパ、アフリカと駆け巡り、そこでの出逢いからパフォーマーとして歩み始める。その後はイタリアに居を定め演劇芸術を学んでいく。豊富な経験と独特の感性から綴られる言葉は広く世の中を描く。特技はバルーンアートとジャグリング、ハンドパン演奏♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© World Performing Blog , 2018 All Rights Reserved.