【大麻ってなんだろう?】違法?危険?法律に縛られたその裏の真実とは

大麻について

大麻を合法化する国が世界で増えてきていることを、みなさんはご存知ですか?

医療から始まり、嗜好用も解禁。

その可能性は日夜研究がなされ、産業、工業、代替エネルギーとしての可能性も見直されています。

『でもちょっと待って!』

『あれ?大麻って、「ダメ、ゼッタイ!!」の危険ドラッグだったんじゃないの?』

『少なくとも、僕らはそう教わってきたけれど、矛盾していない!?』

 

ダメゼッタイ??

 

まさにそう!

今日本は足元がすくわれているのです。

いまだに大麻は危険ドラッグと一緒くたにされ、活発な議論さえ行われていない。

それを上手く進めらず世界の流れと逆行している現在の日本。

芸能人が所持していれば大騒ぎし、社会から追放するくらいの勢いで責めたてる。

マスコミは目先の視聴率稼ぎや、人々の興味が引ければなんでもいい。

『けれど大麻って本当に危険なものなの?』

みなさんは一度でも冷静に考えたことはありますか?

法律で禁止されているからダメなのはわかるけれど、その理由や危険性については、政府は明確には説明していない。

ではなぜ世界では解禁される国が増えている?

もしかしたらこの法律は、70年も前に決められ、今の時代の変化に合わなくなってきているのではないだろうか?

今回は大麻の本当の顔を紐解いていってみたいと思います。

大麻とはなんだろう?

そもそも大麻ってなんだろう?物知りウメさんに聞いてみよう!!

ヨギー

ウメさん!そもそも大麻ってなんですか??

おやおや、大麻に興味を持ったかい?大麻とは昔は日本中の山や野原には自然に生えていた植物のことだよ。戦前には薬草としても使っていたね〜

物知りウメさん

 

ヨギー

へ〜、でもなんで法律や警察は大麻を取締るんですか?

 

それはね、その成分の中に人間を酔わせる一種の陶酔成分が入っているからじゃよ

物知りウメさん

 

ヨギー

それは危険なものなんですか??

 

危険じゃないとは絶対には言い切れない、けれどもそれ以上に有益なところが多く見つかっているのじゃ。今、世界中の科学者達が研究し、臨床試験でも明らかになっているぞえ〜

物知りウメさん

 

ヨギー

へ〜、危険があるとしたらどんなところなの??

 

たとえば、陶酔感は精神に作用するから人によっては情緒不安定になってしまったりするよ

物知りウメさん

 

ヨギー

よく大麻は危険ドラッグなんて言われているけれど、脳を壊したり危なくないんですか??

 

それは政府による一方的な宣伝じゃな。あらゆる臨床試験でも大麻が脳細胞や身体へ害を及ぼすことは立証されていない。大麻は安全じゃ。少なくとも他の嗜好品よりはな。脳を壊したりするドラッグは有名なのはアヘンじゃ。あれは戦前にも流行りとても危険なものじゃった…。

物知りウメさん

 

MEMO

大麻について:

大麻は自然由来のもので、地球上の多くの地域で自生している。

多くの国々では大麻をハーブや漢方のように使い、生活の身近に存在していた。

 

自然の中で陶酔感と多幸感をもたらしてくれるものは他にお酒、つまりアルコールがある。

アルコールも適度は身体にいいと科学的に証明されている。

しかし飲み過ぎは逆に身体を壊すし、脳へも良くない。

また急性アルコール中毒は死にいたらしめるのは周知の通り。

大麻の中毒性

ヨギー

大麻は中毒になる可能性はありますか??

 

それはなんにでも言えることだけど本人次第だね。ただ一つハッキリと言えることは、大麻の中毒性はタバコやお酒よりも低いのじゃ!これは統計としてしっかりとデータにも出ておるぞ!

物知りウメさん

 

薬物一覧依存グラフ

引用:https://blogos.com/

タバコやお酒、コーヒーだって麻薬の一種と捉える事ができる

タバコに至っては、中毒性の高さは一番となる。

ヨギー

だからみんなタバコは辞めるのが難しいんだね…

 

アヘンから作られるのがヘロインやモルヒネ。よく注射器などで腕へ注射するアレ。
鎮痛・鎮静作用が強く、古代から麻酔用に使われてきた。しかし依存性も高く、禁断症状が出る。歴史の中ではアヘン戦争などがおこっている。
>>アヘン(wikipedia)

なぜ日本では大麻は禁止されている?

大麻の害や中毒性の低さを実際に知っていくと、ここで一つ疑問が生まれてきます。

なぜそもそも大麻は規制されているのでしょうか…??

 

ヨギー

ウメさん!!でもなんでそもそも政府は、たいして害のない大麻を規制したんですか??おかしくないですか??

 

それはね、実に単純な理由なんじゃよ。一言で言えば、アメリカにダメって言われたからなんじゃ!

物知りウメさん

 

ヨギー

えっ!?どういうこと??

 

今からおよそ70年前の戦後のことじゃ。敗戦した日本は実質アメリカの支配下になったんじゃ…。その時に色々な法律がアメリカ主導のもと制定され、言われるがまま大麻は規制されることとなったんじゃ

物知りウメさん

 

ヨギー

そんなことがあったんですね。…でもなんでアメリカは大麻を規制したんだろう?

それはその時代の背景にあった:

 

当時、大麻の有用性がアメリカの研究者の間でも見直されるようになってきていた。

産業や医療で、また代替エネルギーとしても未知数の可能性があった。

 

しかしそこで厄介に思われたのが、石油利権を得ている人たちだった。

たくさんの油田が発見され、まだ石油の害などについてそこまでわかっていなかった時代、そしてそれに携わる数多くの企業や利権者たち。

アメリカ社会の発展にとってそれらは必要だった。

 

そしてそんな者達にとって、大麻は邪魔だった。

 

また、当時メキシコの方からやってくる浅黒い肌の移民者たち。彼らはいつも大麻を吸っていた。

それをうとく思う人種差別者たち。

 

そしてターゲットにされた大麻は規制がかけられたのだった。奇しくもそれは禁酒法が終わってすぐのことだった。

(禁酒法も、もともとは人種差別から始まったものです。お酒を飲んだら罰せられるって、今みなさん納得できますか?)

 

こうして当時、世界で敵なしだったアメリカ。自身の都合で世界中でその大麻非合法化を強制して行ったのだった。

 

この法律を突きつけられた時、当時の日本人は意味がわからなかったよ。なぜ無害有益の大麻が規制されるのか。また日本には伝統的に麻を栽培する麻農家がたくさんあった。麻は神道にとって大切なモノじゃからの。みんなこの法律のおかげで代々行ってきた家業を失ったんじゃよ…

物知りウメさん

(麻と神道については次項参照)


大麻の歴史


ヨギー

ではなんで今になって大麻は見直されているの??

 

それは単純に、石油資源に頼ることの限界が見えてきたからじゃよ

物知りウメさん

 

  • 二酸化炭素による地球温暖化
  • 空気を汚す公害
  • 土に還らない石油プラスチック製品

 

安定しない中東情勢と、そしていずれ来る石油資源の枯渇。

その為にアメリカは今、方向転換を余儀なくされている。また環境保護に代替エネルギー問題は急務だ。

さらに経済の低迷から大麻産業への期待。そして医療への可能性。

これらが今世界で起きている大麻合法化への流れじゃ

物知りウメさん

 

ヨギー

なるほど。大麻を規制したアメリカが、今は大麻に頼っているんですね…

 

そうじゃな。アメリカのご都合主義には呆れるが、しかしようやく原点回帰したのはいいことじゃな!

物知りウメさん

 

ヨギー

えっ原点回帰?
MEMO

そもそも大麻は日本の伝統文化の中で使われていたもの。

たとえば日本においては麻はすごく神聖なもので、神社に多く使われてきた。

神社のしめ縄や、鈴を吊るす鈴緒。結界を張る紐、神主の衣装。記憶に新しい令和天皇の大嘗祭、あの時の衣装も麻で作られる。

また日本人の服は古代より麻がよく使われてきた。麻の匂いは虫除けにもなり、通気性・吸水性もよく着やすく快適だ。

麻の種は食せば栄養価が高くオイルも取れる。日本の伝統である「七味唐辛子」ではその一味にも使われる。

日本での歴史を遡れば古くは数千年前の縄文時代にまで遡り、縄文土器の模様は麻を押し当てて作られたものだった。

 

そして陶酔作用はシャーマンの祈祷にも使われる。

現在でも世界各地では同じように麻は使われ、インドにおいては今現在も大麻摂取による修行者達がいる。

 

ヨギー

へぇ〜、麻ってすごいんですね、でも体への害は実際のところどうなんだろう?

 

大麻の健康への影響

今、世界中で研究が進んでいる大麻だが、その吸いすぎは当然肺を痛めたり、呼吸器官への疾患や、また内臓臓器、脳へのダメージが懸念される。

しかし、あらゆる臨床試験を繰り返しても、体への悪影響が見つからないのだ!!

むしろ、体の悪い細胞を直してくれるという。

肺がん患者に大麻を与えると、ガンの数値が下がり消してくれたという結果が出ている。

これは誰も予想だにしなかった驚くべきことである!

また確認されているだけでも250種以上に及ぶ病気に大して有効だという結果が出てきている。

うつ病や不眠症をはじめ、アルツハイマー、パーキンソン病、てんかんなど。

 

大麻の有用な病気リスト

引用:http://iryotaima.net/

 

ヨギー

すごいね大麻って!!だけど悪いところは全くないの??

もちろんいくつかは悪いところをあげられる。

 

リラックスする性質から、学習意欲の低下や、倦怠感を引き起こす。

 

また陶酔感から精神に作用し、人によっては情緒不安定になったりする。

 

しかしアルコールのような暴力性はなく、過剰摂取による死亡も確認されていない。

大麻は決して悪いものでも否定されるべきものではないんじゃ。わかってくれたかの?

物知りウメさん

 

現代産業にも多く使われる大麻

 

ヨギー

他にも大麻って何かに使われているの??

 

それはもうたくさんじゃぞ!大麻の用途は今のところおよそ25000種とあると言われておる!!!

物知りウメさん

 

MEMO

次世代エネルギーとして期待が高まる大麻利用:

大麻にはいくつか種類があって、産業用に繊維などを取るものは「麻」と呼ばれている。

それは例えば紙になったり、断熱材になったり、プラスチックも作る事ができる。

その麻からできたプラスチックは100%土に還ることができる。

また種子から搾った油は燃料になる。ガソリン、軽油、灯油、ジェット燃料に代わる新エネルギーとなりえるのだ。

 

食品、美容:

ヘンプオイルには、体内では作れない必須脂肪酸、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラルが豊富に含まれている。

たんぱく質も豊富で、トランス脂肪酸、コレステロールがゼロのスーパーフードとして注目されている。

美容では、浸透力、保湿力に優れるスキンケアオイルとして人気が高い。石鹸やシャンプーにもなる。

 

大麻種子成分図

大麻による犯罪率は?

ヨギー

う〜ん、大麻って良いところしか実際に見当たらないけれど、でも本当に犯罪が増えないのかな?あと、大麻はゲートウェイドラッグって言って、他の危険なドラッグを始めるきっかけになっちゃうんじゃないのかなぁ…

 

そうじゃの…心配する気持ちはよくわかるぞぇ…。だけどデータとして見てみれば、大麻使用者の犯罪率はむしろ減っている。そして必ずしも大麻がゲートウェイドラッグにはならないことも統計で証明されているぞぇ

物知りウメさん

 

MEMO

大麻によって犯罪が増えたという国は一箇所も確認されていない。

むしろ犯罪件数が減ったという報告まであるから驚きだ。

これは大麻がリラックス効果を与え、暴力性を取り去ってくれるという効能のためだろう。

 

また早期の段階で大麻が吸えたオランダ社会の統計では、実際のところオランダ全国民の2、3割しか使用者はいないのである

そう、合法化しても全員が使用するわけではないのである。

これはタバコやお酒を見れば明らかである。

今後の未来とは

現在では世界中で実に多くの国で、解禁 or 非犯罪化がされている。

なんとお隣り、韓国でも医療用はすでに解禁されている。日本は出遅れている、と言っても過言ではないであろう。

>>>大麻解禁の世界情勢

欧米先進国では全てが、そして南米でも多くの国、アジアでは大麻に厳しかったタイまでもが解禁されている。

これは驚くべきことだ。

それは、急成長する大麻産業を見ていてもわかることだ

日本は完全に出遅れているし、国会ではいつまで経っても活発な議論はされない。

まるで、未だにタブーの闇を突っつくみたいに。

こればかりは政府が植え付けてしまった悪いイメージと、それを疑うこともなく未だに信じ続ける国民。

そしてマスコミによる功罪が大きいだろう。

しかしいずれそう遠くない未来に日本社会は大きく変わるはずだ。

いや、変わらざるを得ないだろう。

その時は、今まで誤って植え付けられてきたイメージによって多くの人が困惑するだろうか?

絶対の悪なんじゃなかったの??

しかし、正義とは常に時代的背景、政治的思惑によって変わってしまう。

これからの時代、一人でも多くの方が正しい知識と情報を得られることを願ってこの記事を世に発信します。

 

*現在の日本の法律では大麻所持は違法です。
この記事は大麻の有用性を訴えるものであり、嗜好や摂取の勧めをしているものではありません。

<<参考サイト>>
NPO法人医療大麻を考える会
麻ナビ
現代ビジネス
Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA