ハンドパン の買い方

ハンドパン

【ハンドパン】価格から購入の仕方まで完全手引き!

ここではハンドパンの購入方法について詳しく見ていきたい。

現在、世界では300社以上のハンドパンメーカーがあると言われている。

以前よりも確実に入手はしやすくなってはいるが、その分、質の悪い製品が多く出回っているのも事実だ。

せっかく買ったのに後悔しない為にも、購入前からしっかりと下調べをしておきたい。

ハンドパンで一番大切なのは、音のクオリティーだ。

 

まずは欲しいハンドパンのスケール(音階)を決めること

購入前のまず大前提に知っておきたいことは、ハンドパンのどのスケール(音階)が自分は欲しいのかを決めることだ。

ピアノやギターなどと違って、ハンドパンは、そこにある音以上は出せない。なのでハンドパンは色々なスケールが作られていて、個人の好みでそれを買う事となる。

と言っても、現在ではたくさんのスケールが作られていて、これがまた迷うきっかけともなる。

初心者向けのスケールもあれば、上級者向けのスケールもある。

もし、あなたがすでにこのスケールが欲しい!と言うのがすでに決まっていれば良い。

しかし、もし全くわからないし、初心者向けを探したいと言うのであれば、音の配置を見て「#」「♭」があまり入っていないものを選ぼう。

また、東京であれば左官氏の企画する『ハンドパンで遊ぶ会』などがある。ここでは実際に多くのハンドパンに触ることができる。2ヶ月に一度、日曜日に代々木公園で行われている。

サカン@世界の打楽器

また、名古屋でも同じような集いが最近行われるようになった。
近郊の方はこちらのあじゃーに氏の情報をチェック!

あじゃーに@ハンドパンの人

ハンドパンの値段はいくら?

では、これからいざハンドパンを買おうと決めた時、まず知っておきたいのはその値段だ。

本当に欲しければ、ここで心折れないことを願う。

すでに少しでも調べられた人は知っているだろうが、これはあくまでも楽器であって、それなりの値段はする。

と言ってもサックスやヴァイオリンなどよりかは安いだろうが。

2019年秋、現在の相場だと、ハンドパンは一台およそ20〜30万円ほどと思ってもらっていいだろう。

以前までは20万円以下も多かったが、今は技術力が上がり、昔には出来なかった音の製法や質感、素材の加工方法、新しい技術、その為に値段が少し上がってきている。

しかし、その分に音のクオリティーは上がり、また音数が多いハンドパンも一般的となってきた。

 

従来のハンドパンは9音構成だ。

それは音楽理論上、9音で一つの音階が完成するという法則があるからだ。

しかし現在では、13音とか15音、またそれ以上に音階が入っているのもある。それをミュータントタイプと呼ぶ。

音を多く配置すればより多くの曲が弾けるが、一つ一つの音の質が下がるとも言われている。

なので中には音の質にこだわって、7つとか音数が少ないハンドパンも存在する。

NGはお店で買う事

知名度が上がるにつれて、大きな楽器屋さんや、ネットショップ、アマゾンなどでも目にするようになってきた。

しかし、そこで買う事はまずオススメしない。

私が見てきた中で、そこらで販売されているハンドパンで良いと思った物は一つもないからだ。

現在では世界に300社以上のハンドパンメーカーがあると書いた。

その中には、もちろん一流の製品や、一定以上のクオリティーを有するメーカーはたくさんある。
しかしその逆に質の悪い製品を生産するところもたくさんあるのだ。

2000年頃に生まれ、瞬く間に人気となったこの楽器には、いまだ需要と供給のバランスが取れていない。

つまり、良いメーカーのものは、お店に卸される前に売れてしまうのである。

その為に、お店に並ぶハンドパンは、やはりどうしても2流3流メーカーの物が多くなってしまう...。(そうでなく、独自のルートで1流の物を取り寄せているお店もあるかもしれないが、数少ないと言えるだろう)

もし、あなたの周りでハンドパンに詳しい人がいて、お店などで売っている物を見定めて判断してくれるならば良いが、全く知識のない状態で、とりあえず買えるからと早々に買うのは危険である。

また、2流3流メーカーの物と言っても、決して安くない。結局は20万円ほどはする。

人気があるが故に質の悪い物でもそこまで値段が落ちない。(つまり分からずにみんな買ってしまうから)

なので私からの提案は、どうせ買うならば良い物を買おう!でないと愛着も湧かないし、買ってから後悔する事になるだろう。

購入する方法

では、ここからは具体的に入手方法を見てみよう。

メーカーから直接

これは確実で安く、自分の好きな音階の音も選べ、希望の物を作ってもらえるだろう。

しかしその分、ウェイティングリスト(順番待ちリスト)があり、早くても注文してから半年から1年はかかるだろう。

人気のあるメーカーならば、2、3年待ちは必須と言われている。

それだけ待つ事も出来て、どうしても欲しい時は、それが一番確実であると思う。

これにはそれぞれのメーカーのWebサイトから直接申し込もう。

もちろん海外メーカーであれば英語でのやりとり、支払いはPaypalなどが一般的である。

また税関手続きなども考慮しなくてはならない。

友人・知人・コミュニティー内

すでにハンドパンを持っている人から買う。

ハンドパンをやっている人は、時折、様々な理由でそれを手放す。そういう時にタイミングが合えば購入できる。

しかし、周りにそう言う人がいればいいが、いなければ積極的にハンドパンのコミュニティーなどに参加して横の繋がりを増やすのがいいだろう。

そういった繋がりは、今後ハンドパンをゲットした後にももちろん生きてくるし、是非大切にしたい。

コミュニティーへの参加は、イベントなどに積極的に参加をするといいだろう。

日本のハンドパンシーンを牽引する新しく生まれた団体、''Tokyo HandPan Lab.''。
彼らの企画するLiveやイベントなどを参考にすると良いだろう。


Twitter

ヤフオクなど

ヤフオクなどのオークションでも出品されていることがある。

これも危険ではあるが、当たりの時もある。

例えば、メーカー名が出ていて、それが有名なメーカーだったりする場合だ。

しかし、こういった現物を見られない場合は、必ず音を奏でた演奏動画を撮ってもらい見せてもらうこと

また配送方法などにも注意すること。

ハードケースがあれば一緒に買い取って送ってもらうことが安心だ。

しかしこれは、販売側の良心による。

繊細な楽器であるハンドパンは特に取り扱いに注意が必要だ。動画を見てみて音は良かったのに、配送時の梱包が雑で、届いた時にはチューニングがズレていた、なんて事も時にはあるからだ。

代理店から買う

これが一番現実的であり、安全であり、早くてオススメだ。

最初に書いた「メーカーから直接買う」だが個人で申し込むとどうしても不利となる。

そこで、この代理店だ!嬉しいことにハンドパン人気が高まるにつれて、日本でも代理店販売をしてくれるところが出来た。

それが今話題の、日本のハンドパンシーンを率先して牽引してくれているTokyo HandPan Lab.だ。

こちらでは、海外ハンドパンメーカーの中でもトップクラスの知名度とクオリティーを誇る製品を扱ってくれている。

これらは有名すぎるブランドメーカー達で、通常だと早くて2、3年待ちとなるところを、ここを介して買うとなんと優先的に製造・販売してくれる。

興味のあるものがあれば是非一度問い合わせてみよう!

Tokyo HandPan Lab.

ハンドパンレンタル!?

ありそうでなかったハンドパンレンタルサービスも始まった!

購入前に、一度借りて演奏してみる。その後本当に高いお金を出して買うのか決めるのに最適かもしれない。

また、少しだけ演奏してみたいや、急遽別のスケールが必要。またはすでに持っているけど別のスケールを試してみたいという人などにも良いかもしれない。

月/3万円、1日単位から可。

取り扱いブランド:Sonobe

詳しくはこちらから

月/2万7000円、月単位のみ。

取り扱いブランド:Ayasa,Manik,MUTA,Rav vast,Sew HandPan,Yishama,他

詳しくはこちらから

ハードケース購入のススメ

ハンドパン購入と同時にやっておきたいのが、ハンドパンを入れる専用のケースの発注だ。

通常、メーカー側でソフトケースなどを準備していて一緒に購入できるが、ソフトケースはあまりお勧めしない。

ハンドパンはとても繊細な楽器だ。相当なこだわりがない限りはハードケースは必須だろう。

もし、家でしか演奏しないと決めているならばいいが、外に出て電車を使ったり、街中を歩いたりする予定があるならば、ハードケースに入れて持ち歩くことをオススメする。

何があるかわからない。簡単にチューニングはズレてしまう。

また家の中での保管も、小さな怪獣がいたりするお宅(笑)、安全を考えるならばハードケースでの保管が断然オススメである。

そこでオススメをするのは、イタリアに本社を構えるハードケーステクノロジー社。

ハンドパン黎明期の頃からハンドパン専用のケースを丹念にこだわって作り始め、今では多くの実績と信頼がある。

事実、世界中のハンドパン保持者たちの恐らく7、8割はここの会社のものを使っているだろう。(かくいう私も。)

これは、飛行機にも乗せられる安心感があるからだ。

ちょっとやそこらの衝撃ではびくともしない!是非、オススメである。

現在、こちらも日本でも代理店ができ、日本語で安心して買うことができるようになった!

ハードケーステクノロジー社Japan

 

また、メーカーに先に送ってもらい、メーカー側がハンドパンをそのハードケースに入れて日本に輸送してくれるといったことも可能である。

ハードケース

チューニングの問題

購入後のケアで一番の大きな問題は、チューニングだ。

また楽器でありすごく繊細な為に、いくら大切に扱っていてもチューニングはズレてくる。

基本的に自分の買ったメーカーに送る事になるが、それが海外メーカーだと簡単ではない。

しかも何週間も手元から愛おしのハンドパンが離れてしまうのは悲しい事この上ない。

ハンドパンを購入する際には、そこらへんも確認しておこう。

また、メーカーによって製法に違いがあるので、自分のメーカー以外のもののチューニングは受け付けていないところも多い。

ここで注意したいのは、間違っても自分で直そうとしない事だ。そもそも一枚の鉄の板を何音階もの音色にチューニングしているのだ。物凄い技術である。知識も何もない素人には10000%不可能であり、絶対に触るべきではない。

返ってひどくなり、メーカーの方も直せなくなってしまう時がある。

日本のハンドパンメーカー

Sonobe

嬉しいことに日本にもハンドパンメーカーがある。

その名も’’Sonobe’’、世界的にも評価は高く、その品質は折り紙付きだ!

もともとスチールパンを作っていた園部氏。その熟練した腕と経験、妥協を許さない職人堅きの気質は常に最高のモノを追求し続ける。

また、このSonobeが出来た事により、今の日本のハンドパンムーブメントが始まったと言っても過言ではないだろう。 

https://www.sonobe-handpan.com/

大人気の為に、オーダーしても数年は手に入らないが、時折フラッシュセールをやっている。

代理店はない。Webサイトの情報をこまめにチェックしよう。(Twitterもやっていないが、Sonobeがフラッシュセールをやると、ハンドパンコミュニティー内で情報が出回る)

また中古品で出回っている”Sonobe”があれば、是非前向きに購入を考えてみてもいいだろう。

関連記事
【潜入ハンドパン工房!】国産ハンドパン''SONOBE''誕生秘話の巻

日本でも盛り上がりを見せるハンドパン。 プレーヤーでもオーディエンスでも多くの人がその音色の虜となっている。 そんな日本のハンドパンシーンを語るにおいて、その火付け役ともなった超重要な人物がいる。 彼 ...

続きを見る

Live Metal art

こちらは、日本人がイスラエルにてハンドパンを制作している会社だ。

その代表の山口氏。もともと金属でオブジェを創るアーティストだった。

彼のハンドパンの音色は温かみがあり高いクオリティーを誇っている。

また想像力溢れる氏の作品は、常に遊び心が溢れている。

カスタマイズオーダーも受け付けてくれる。

年に2回帰国し、その時に購入者のチューニングを請負ってくれる。

http://www.live-metalart.com

番外編:メタル楽器

Ravドラムの紹介

これは正確に言うとハンドパンではないが、似たような楽器だ。

ハンドパンよりも少し重身があるが、しかし小さくて薄い。

切れ込みが特徴的なこの楽器はロシアで作られる。

ハンドパンと違うその絶対的な特徴は倍音の長さだ。

美しく響き渡り、これはこれでコアなファンがいる。

ハンドパンが手作りで高額なのに対し、これは多くを機械工程で作られるので安い!

値段はおよそ8万円ちょいで購入することができる。またすぐに買うことができる。

倍音楽器が好きな方には、こちらもオススメだ!

因みに、最初の項でも紹介した左官氏を介して買うと、7%の割引を受けることができる。

詳細はこちらから-Rav vast-

 

共鳴楽器

ハンドパン登場以降、世界中で様々な金属の倍音楽器が人気となって作られるようになった。

ハピドラム、

タングドラム、

ガングドラム、など他にも多数。

メーカーによって様々な名で呼ばれ、およそ5万円前後で買える。

しかし、ハンドパンに似たこれらの楽器は、似たような雰囲気ではあるが、全く違った楽器である。

一つに倍音がとても長く、物によっては演奏は不向きな時がある。

それらはまるでクリスタルボウルのような美しさで、響き渡る倍音に波動が広がり、純粋にヒーリング&癒し向けに素晴らしい。

ハンドパンよりも小さくて軽い為、自分の使いたい用途によってハンドパンを買うか、こちらを買うか決めるといいだろう。

ヒーラーさんの施術向けにオススメしたい。

これらは楽器屋さんで普通に買うことができる。

倍音楽器

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらの内容が、あなたのハンドパン購入の手助けとなれば幸いです。

最後に、色々と書いてきましたが、楽器との出逢いは運命である、というのも事実です。

妥協せず、探し求めていれば最高の子と出逢えます。

その為には常にアンテナを張って感度を高めておくことです。

そういった意味でも、各種イベントや体験会に参加してみる事は是非オススメします。

一番のモノ、長く愛着のもてる子と出逢えるといいですね^^

皆さんに素敵な出逢いがありますように♫

 

《こちらにあるレッスンにも一度参加してみるのもオススメ!》

learn handpan
【ハンドパンの学び方】レッスン情報から独学のやり方まで

ここではハンドパンを学ぶ為の色々なアイデアをまとめてみた。 ハンドパンをいざゲットしたが、上手く演奏できなくて思い悩んでいる人もいるかもしれない。 今では各個人によるハンドパンレッスン教室も賑わってき ...

続きを見る

 

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.