バスキング

ハンドパン パフォーマンス

【ハンドパンでバスキング!】やり方と注意点まとめ

バスキングという言葉をご存知だろうか?

辞書などを見ると、路上パフォーマンスや大道芸などと出てくる。

バスカーと呼べばそれを行う人となり、要は大道芸人だ!

と言ってもそんなに大袈裟なことではない。

もしあなたがこれから路上演奏しようと思っているならばお楽しみ様♪

路上は出逢いの宝庫✨

早速ハンドパンを持って路上へと出てみよう♪

路上に立つ

さて実際に路上へと出てみよう!

と、勢いよく言ってはみたが、初めての方にとってはなかなかハードルが高いと思う。

ここではその心構えと、注意点、またあると良いものをまとめてみた。

順に見てみよう!

あると便利なもの

チェックリスト

  • 投げ銭を入れる箱
  • サインボード
  • 椅子 or スタンド

 

投げ銭を入れる箱

投げ銭を入れる容器は小さ過ぎず。ただもちろん大き過ぎてもよくない。

ハンドパンケースをそのまま投げ銭入れにしてしまってもいいが、それが嫌ならば何か容器を用意しよう。

サインボード

サインボードには、自分の名前やプロフィール、経歴、SNS、またハンドパンの説明などを書いておくといいが、もちろんなくてもいい。

ただ、それでも何か一言あった方がいい。

観る人は、あなたに興味が湧くので、人前に立つ以上自分自身の情報を最低限教えてあげるのは筋かもしれない。

名刺やチラシなどがあれば、サインボードと一緒に並べて置いておくのも良いだろう。

椅子 or スタンド

椅子は折りたたみ式のキャンプ用のだと便利だ。

または、ハンドパンスタンドを使って立ちスタイルで演奏するのも良い。その場合のスタンドはハンドパン専用のものもあるが、スネアドラムの台でも応用できる。

地面に直に座るのはあまりお勧めしない。せめて座布団等を敷いたほうがいいだろう。

 

バスキングなどの路上演奏と言えど、みすぼらしかったりマイナスのイメージを観客に与えてしまうのはよくないだろう。 身の回りを最低限のデコレーションを施すのはプラスに作用する。

また周りと差別化を図るためにも、投げ銭容器やサインボード、椅子など、こだわって自分がワクワクするよう飾るといいだろう。

スピーカーは使うか

スピーカーの使用は、楽器の特性によって変わってくる。

ただ、ハンドパンに関しては生音でもかなり遠くまで響いている。よほどのうるさい場所や広々とした場所でない限りはなくても大丈夫だろう。

またもし商店街のアーケードだったり、後ろが壁になっている場合は、ハンドパンの音は思っている以上に遠くまで響いている。

スピーカーは使う必要はあまりないと考える。

後述するが、警察に怒られるリスクも減る。

投げ銭の心構え

人によってはお金なんか受け取れないと言う人がいる。

お金への捉え方は人様々だが、投げ銭は悪ではないし、然るべきものでもあると思う。

なぜかと言うと、あなたが路上で良い演奏をすれば、人はそのお礼に何かしたくなる。

そこで便利なお金というものが登場する。

そこで要らないと拒否するのは相手の気持ちを拒否するのと同じことになる。相手は寂しくなるだろう。

(お金以外にも、食べ物や飲み物、何か面白いものをもらうこともある^^)

 

しかし逆に、お金が入ることに固執してしまっている人もたまにいる。

お金が入るのは嬉しいが、そこばかりに気が向きすぎるとその内演奏自体が楽しめなくなってくる。

あくまでも自分が素晴らしい演奏をした上での対価であり、お金はおまけでしかないと考えた方がいいだろう。

投げ銭は自分のレベルを知れる一種のバロメーターともいえる。

たくさんお金が入る人は、やはりその演奏は上手であると言える。

しかし決して忘れないで欲しい。お金とは、「ありがとう」の数だという事を。

演奏の技術が下手でも、稼ぐ事は可能だ。これが路上パフォーマンスの面白いところである。

良い演奏とはいったい何だろう?^^

場所探しの注意点

さて、ここでは具体的にどこでやるかを見ていこう。

バスキング場所を探して、いくつかの押さえておきたいポイントがある。

公共場所でやる

まず大前提となるのが、公共の場所でやるという事だ。

どういう事かというと、土地には私有地と公共地がある。

私有地でやると、警備員が来たり、警察に通報されたりする。

では、その私有地と公共地の見分け方だが、駅でやる場合を参考にまずはこの下の写真を見て欲しい。

駅と公共地の境界線

この場合は分かりやすい。真ん中のブロックを境に左と右で別れている。

道路の模様も明らかに違う。

ここは駅の外なのだが、このブロックの線を境に管轄が別れる。

公共地や道路であれば警察の管轄となる。

私有地であればその持ち主のものだ。

そして基本的に駅や、企業の私有地で路上パフォーマンスなどをすると、すぐに警備員が来て止められる。

今の時代は多くの監視カメラなどで見られているので、すぐに飛んでくるだろう。

また、警備員は融通が効かない。彼らは雇われの立場なので、現場に合わした臨機応変な事はできない。

余計な問題を起こさないように、良くも悪くもマニュアル通りの人が多い。

それだけは覚えておこう。

駅と公共地の境界線

駅の様々な境界線。常にこれは意識しておこう。

警察はどうするか

バスキングをしていれば、遅かれ早かれ警察とお会いする事になる。

やめろと言われ、追い出されるのかなと思いきや、一概にそうでもない。

警察は、もちろん人にも依るが、臨機応変に対応してきてくれる。

やってはいけない場所だけど特に周囲の迷惑となっていなければ見逃してくれたり、やめさせようとする場合もこちらの演奏の切りの良いところまで待っていてくれたりする。

そして警察は法律に基づいて動いているので、それに反していなければ怒られる事はない。

自治体によって変わる

この路上パフォーマンスをして良いかどうかは、それぞれの自治体によって変わる。

なので一番良いのは、そこの管轄する警察署に尋ねてみる事だ。

また、その時の市長や政策によって変わるので、今が無理でもいつか出来るようになるかも知れないし、逆に今できていても、政策が変わってできなくなるかも知れない。

いずれにせよ、路上パフォーマーは弱い立場であることに変わりはない。

取締りの2つの要点

警察が路上パフォーマンスを取締る時、2つのポイントがある。

それがまず、アンプスピーカーなどを使っていない事。

実はパフォーマンスはOKでも、条例でアンプスピーカーの使用を禁止している自治体は多いのだ。

そしてもう一つが、クレームの連絡が入っていない事。

警察は、基本的に大目に見てくれることが多いが、しかし市民を守るのが警察の務め。

クレームが入ると、彼らは動かざるを得なくなる。

追記

日本ならではの問題として、ヤ○ザの存在もあげられる。

しかし、彼らは路上で演奏しているだけでは特に絡んできたりはしない。

彼らが一番怒るのは、路上で物を売ったり商売をしている時だ。

ただ、ミュージシャンのCD販売や、アーティストによる手芸品レベルの小さな物であれば問題ないだろう。

しかしこれだけは覚えておいて欲しい。大都市であればあるほどそこを管轄している彼らがいる事を。

そして警察も彼らとの関係性のもとに動いている事を。

一端の市民であり、路上で演奏するだけでは特に関わる事はないと思うが、もし彼らが来て何か言われたら、素直に謝り引き下がろう。

やる場所のアイデア

さて、上記のことを踏まえた上で、実際にやる場所を探したい。

ポイント

  • 人が多い
  • 道幅が広い
  • 音が響く
  • 直射日光や風が直で当たらない

    など

これらの条件に当てはまって一番ポピュラーなのは、

・駅
・商店街
・繁華街
・公園
・観光地

だろうか。

ありきたりだが、結局一般的にいい場所とはこういった場所になってくる。

その為に、こういった場所は他の路上パフォーマー達を多く見かける事になる。

しかしこれは、それぞれの街や構造によって大きく変わってくるので、みなさん自身で自分の住んでいる街や近くで出来そうな所はないかと日頃から意識して探しておくと良いだろう。

そして理想は、あなただけのバスキングスポットを見つける事だ!

 

補足として、上記した場所は、最低限パフォーマンスを成り立たせるためのものだ。

つまり人が多く行き交う場所だ。

しかしもしあなたが、稼ぐことや、意図として人を集める事を目的としていなければ、もっと静かな場所でもいいし、ぶっちゃけて言うと、稼ぐ事に関していえば人が少なくても可能である。

100人が百円づつ払うのと、

10人が千円づつ払ってくれるのとでは同じ結果になる。

ただパフォーマーとしては、後者の方が優れていると言えるかも知れない^^

やってはいけない場所を知る

やってもよければ、当然やってはいけない場所もある。

それは上記した、ヤ○ザのモロに影響下の強いところだったりとか、商店街が嫌がるところとか、また単純に歩行者の円滑な通行の妨げになる所などだ。

商店街が嫌がる時、その時はだいたい過去に問題を起こした人たちがいて、一律して禁止になっていたりする。

また、誰にも迷惑をかけずに出来そうな場所を見つけた場合でも、そこは条例で禁止されていてすぐに警察に怒られたりもする。

場所選びはすごく苦労するところだ。

街が発行しているバスキングのライセンスを取るのは一つのいいアイデアだ。

厚木市

浦安市

江東区

などでは、割と簡単にライセンスをもらえる。

今は街の活性化のために、多くの地方自治体でもこのバスキングライセンスを発行しているところがあるので、自分の家のエリアを調べてみよう。

補足

地方の商店街などでは、路上パフォーマーたちを歓迎する声もある。

過疎化が進んでいたりすると街に活気がないので、盛り上げてほしいのだ。

また治安的な面からも人の往来が増えるので、路上パフォーマンスに賛成の人も多い。

警察が来たら

謙虚にリスペクトを持って接しよう。

怒られたら素直にやめよう。状況や雰囲気を見てクレームが入っているのか尋ねてみよう。

警察が去った後、もしまた出来そうでも同じ場所ではもうやらない。その場合はまた別の日に来よう。

人として最低限のマナーやモラル、リスペクトを持とう。

(ただし、クレームの状況による。結局クレームが入るということは、また入る可能性があるからだ。ポイントとしては、始める前にご近所さん達には挨拶をしっかりとしておこう。)

悪質でなければ、警察は注意だけで済む。

しかし悪質だったり、こっちがおちょくっているようであれば、警察署に連行されるし、書類を書かされる事となる。

先人に挨拶する

路上は誰のものでもない。

けれども、自分がいつもやっていた場所で、ある日知らない誰かがやっていたら、ちょっとムッとすると思う。

人間とはそういうものだ。

ここで大切なのはコミュニケーション。

例えば、やる前に、「ここでやっても良いですか?」、「あなたは何時までやりますか?」、「その後にやっても良いですか?」

などと聞いておけば、たいていの人は快く受け応えてくれる。

また、先にやってて後からそこの常連さんっぽい人が来たら、「こんにちは!」と挨拶したり、「いつもここでやっている方ですか?すみません、知らずにやっていました。」とか、「一緒に時間交代でやらせてもらう事はできますか?」などと言って聞いてみよう。

人間、下から丁寧に来られたら、悪くはしないはずである。

 

しかし、中には、質の悪い人も存在する。路上なので荒れくれ者みたいな人もいれば、とっつきにくい人もいる。

酒を飲んでいるような人や、またお金を稼ぐために必死な人。

そして芸事の世界になってくると、異様な縦社会となってくる。

どうにも面倒くさそうだったら、その場所はやめて新しい場所を探そう!

自由気ままに、嫌なところからは離れよう。それも路上パフォーマンスの醍醐味であろう!

 

ポイント

もし、近くにジャンルを問わずに他のパフォーマーがいれば、簡単にでも挨拶をしておこう!

通りすがりながら「こんにちは!」と一言だけでもいいし、しないよりかは全然いい。

同じ仲間だし、お互い気持ちよくその後過ごすことができるだろう。

また何かあった時に助けてくれるだろう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これをお読みのみなさんが、上手くバスキングできることを祈っております。

最初は緊張するかも知れませんが、その開放感や、自由度に心酔いしれるでしょう^^

そして路上パフォーマンスの一番のポイントは私は出逢いだと思っています。

「路上には全てが落ちている」

とは私の経験からの言葉です。

いつか街角からあなたの素敵なハンドパンの音色が聞こえてくることを願って♫

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.