イタリア滞在 世界をみる

【海外恋愛と語学】愛があれば言葉はいらないとは本当か?

みなさんこんにちは!

Yogiです!^^

突然ですが皆さんは海外での恋愛経験はありますか??

日本という日常を離れて海外に行けば、当然何かしらの出逢いをそこで経験することになります。

人によってはそれを求めていたり、または億劫に感じていたり...。

今回は、海外という視点から言葉についても織り交ぜて、題して’’愛があれば言葉はいらないとは本当か’’について探っていきたいと思います。

これは、実際にした私のストーリーを元に執筆しています。

今回もまた少し、お付き合いくださいませ^^

イタリアでした一目惚れ

それは突然の出来事でした。

当時住んでいたローマ。

有名観光地でいつも僕が通っていたバイト先。

そこにある日、彼女は現れたのです。

僕のお店の近くで働きだした彼女。

僕の仕事は、店先に立ち中にお客さんを呼び込む事。

彼女もまた同じように自分の店先に立ち、お客さんを呼び込む仕事をしていた。

そうやって僕らは最初知り合いました。

スペイン階段

初めて見た時から「可愛いな、すごくタイプだな」と思っていたけれど、その日が終わる頃には案の定、僕はすっかりと彼女に心奪われていたのでしたw

だって笑う姿はまるで天使のよう!✨✨こんなに美しい女性がこの世にいるなんて!!心の奥底からのトキメキを感じ、彼女の事が気になって仕方がない。もっと見つめていたい。もう平常心ではいられない。なんということだろう!

おかげで仕事には集中できなかったがw、そこの空間で一緒に働くのは、すごく幸せだった。

 

それから、そんな日々をしばらく過ごし、バイトに行くのは僕の大きな楽しみになっていた。

「いつかデートに誘いたい」、そう思いつつもなかなか行動に移せませんでした。

しかしそんなある日、彼女はパタンと仕事に来なくなってしまいました...。

何日過ぎてもやってこない彼女。辞めてしまったのかな??!!

これには焦った。もう二度と会えないのかという恐怖と絶望。神様にもう一度だけ会いたいと切に願いました。

するとそれから1週間ほどして、再び現れた彼女!!!!

わぉ!!

これは天にも登るような気持ちでした。そしてこのチャンスを逃してはならないと心に覚悟を決め、ついに行動を起こしました。

連絡先を聞いてデートに誘ったんです!

はにかみながらもしっかりと連絡先を教えてくれた彼女。

嬉しかったです^-^

しかし、そして知りました。...彼女はまったく英語が喋れない事を!!!

(僕もこの時はまだイタリア語を喋れません。)

初めてのデート

当時、23歳という若さと好奇心の塊だった自分にとって、言葉が通じないくらいでへこたれはしなかった。

そもそもなぜ僕がイタリアにいたのか》についてはこちらから↓

Italia
【イタリアとの出合い1】〜初めてのヨーロッパ〜

旅立ってからまもなく1年、アジアを抜けるとヨーロッパへと入った。時は2006年、季節はまもなく冬になろうとしていた。 旅する事にもだいぶ慣れ、好奇心旺盛な僕は、新しい街に着いてする事といえばその街を徹 ...

 

Rome

初めてのデートは公園に行った。

下手に人が多いところや、お店などにいくと、ただでさえ言葉が分からないのでお互い困惑すると思ったからだ。

静かなところでゆっくりと話したい。(話せないが...)

そうして僕らは公園の高台に辿り着いた。ここからはローマが一望できる!

彼女は、言葉が喋れないのに一体どうするのよ!と終始そんな感じだったが、僕はどうにかなる、とあまりそこは気にしていなかった。

けれどやっぱしその内心では必死だったし沈黙が流れるとまずい、と思って気を使って常に何かを必死に喋っていた。

知りうる限りのイタリア語や、簡単な英単語を混ぜたりして。

僕はただ彼女を楽しませる。それだけに注力していた。

そしておもむろにカバンを開けると、日本から持ってきていたひみつ道具を取り出した。

ただ〜ん!

旅の指差し会話帳・イタリア語

旅の指差し会話帳!フレーズブック!

僕はページを開いて行き、目に留まった適当な質問を見つけ、それを指差した。

そこには、

『あなたの出身はどこですか?』

『好きな食べ物はなんですか?』

『兄弟姉妹はいますか?』

『何を勉強していますか?』

などの会話フレーズが載っていた。

目を見れば分かる

彼女はその書かれているフレーズを見て、イタリア語で返してくれた。

『出身は南イタリアの小さな街よ』とか、

『お姉ちゃんが一人、弟が一人いるわ』

といった感じで。

もちろん正確に何を言っているかは分からないが、それでも目の前にいる相手の目を見て、必死になって聞いていると、分からないはずなのに、言っている事が分かるのである。

これは人間に備わっている不思議な能力のような気がした。まるで一種のテレパシーのようにもさえも感じた。

感覚を研ぎ澄まして、相手の目を見て、心を感じる。

そうして過ごすうちに、不思議と会話だけでなく僕らの距離も近づいていった。

僕はまた辞書も見ながら単語を繋げていって言葉を自ら作った。そうして片言で自己紹介をし彼女と喋った。

日が傾きかける頃には、僕らはすごく親しくなっていたし、お互いのいろいろな事も知れた。

別れる時にはハグをした。

ぎゅっと優しく力強く抱きしめた。

温かい。

僕にはただ愛おしい気持ちでいっぱいだった。

ずっと抱きしめていたかった。

Rome

言葉の勉強の仕方

こうして僕らは徐々に近づいて行き、デートを何度か重ねる内に恋人として接していた。

僕は言葉を必死になって覚えた。

彼女と話したかったし、もっと知りたかった。

そして常にフラれてしまわないかという不安もあった。喋れないことにより彼女がストレスで疲れてしまうのではないかと心配した。

だから一生懸命勉強した。

 

メールをする頻度も増えていって、毎日送り合った。次第に分量も増えていった。

慣れない言葉を、その文章を解読するのにはいつも一苦労だった。

けれどもそこからたくさんの単語や文法を学んでいった。

そして持ってきていたイタリア語の文法書や、インターネットなども見たりして、独学で勉強していった。

 

〔ちなみにイタリア語の文法はとっても複雑だ!〕

例えば、時世を表すのに、現在形、未来系、過去形があると思う。イタリア語ではそこに半過去、近過去、遠過去、大過去なんてある。

これはそれぞれ話をする中で細かいところまで表現できるのだが、とにかく覚えることが多い。

そして一番厄介なのは、動詞の人称変化だ。

英語を例に見ると、そこでは三人称で1回だけ変化する。それは’’s’’をつけるだけのシンプルなもの。「Like」が「Likes」になるように。

しかしイタリア語では6回変化をする。

さらに未来系でも6回、過去形でも6回、さらに半過去やら遠過去でも全てで6回づつだ。

つまり一つの動詞につき何十個もの変化形の形を覚えなくてはいけないのである。

これは厄介だ...。

もちろんある程度の法則はあるが、しかし不規則なものは多く苦労が絶えない。

これがイタリア語初心者を悩ます第一の要因だった。

また女性名詞、男性名詞やら、英語にはない概念もたくさんありイタリア語を学ぶのは容易ではなかった。

愛があれば言葉は必要ないか?

日数が経つにつれて、僕と彼女の会話は次第に辞書を介したり、時間をそこまでかけなくても出来るようになってきた。

目に見えて成長していく僕の姿に、最初は懐疑的だった彼女も、信じられないといった感じでポジティブに僕のことを見てきてくれるようになっていた。

しかし、何度か絶望をお互いに感じたことはあった。

お互いに何が言いたいのか全く分からない時があるのだ。それは、2人で出かけた時や、くたくたで帰ってきた時など、お互いが疲れていた時などだ。

そんな時に些細な事で揉めてしまうと、言葉がしっかりと伝わればすぐに解決する事も、言葉がうまく伝わらないが為に、絡まった紐が余計に絡んでしまうのだ。

これはすごく人間的だし、しかし、日常を共に過ごしていれば絶対に起こりうる事だと思う。

 

つまり、何が言いたいか、愛があれば言葉はいらないか、についての僕の見解はこうだ。

一夜限りのLoveや、短期的な付き合いであれば、言葉なく情熱だけで過ごす事ができると思う。

しかし、付き合い、同じ環境下で多くを過ごす場合、2人の独立した人間である以上は絶対に言葉による意思疎通やコミュニケーションは必要不可欠である。

例えば、『今夜の夕食何にしよう?』という事さえ通じ合えなければストレスとなる。

想像して欲しい、それが毎日だ。

目を見つめ合ってうっとりとしているだけでは、日常に起こる様々な問題は解決できないのである。

恋人としてうまくいく為には

彼女から学んだことは大きかった。

その後、僕自身の帰国もあり、それは若い青春の一ページとなった。

しかしその時の経験は、確実に今の自分を作る上での大きな土台となっている。

彼女を通して学んだのは、人間としての心や心理、愛、そしてコミュニケーションの方法。

さらには、言葉が話せなかったからこそ学んだ事に、目に見えないものの大切さがある。

それはお互いの「エネルギー」「波長」などを感じるという事だ。

けれど、そう言うとちょっと難しいかもしれない。

これを表すのに、日本語にはもっと身近に馴染んだ言葉があった。

それは「気が合うこと」だ。

 

これは僕自身の一面からの見方ではあるが、友人関係でも仲良くなれる人というのは気が合う人だと思う。

もちろん男女間でもそうだ。気が合うカップルというのは、2人でいてとても楽しそうだ。

その気が合うかどうかを簡単に知る方法は、まずその人を好きだなと思う心の感情があるかどうかだ。

そして実際一緒にいて、楽しいかどうかを客観的に見て感じてほしい。

もしあなたが楽しいと感じれていれば、相手も楽しいと感じている。

波動は共鳴する。それは心が通じ合っている証拠でもある。

手を握ったりハグをしたりして、温かみや体温などを感じれるのも気が合う証である。


逆に気が合わない、波長が合わない人とは、自然の摂理の問題からどうしたって上手くいかない。
お互いがお互いを尊重し合っているのになぜか空回りばっか。心が疲弊していく。


一つ注意して欲しいのは、「その人の事好きだな」という感情と「恋愛の好き」という感情は別物に考えて欲しい事だ。
大切にしてほしいのは、前者のその人の事好きだなという根本的な感情だ。

上記した「気の合う人」というのも、この前者にあたる。

また、例え今気が合わない相手でも、時間の経過と共にそれらは変わってくることがある。人間とは常に変わる生き物であるから。

最後に〜まとめ〜

自分にとって海外にいるということは、感覚を研ぎ澄ましてくれる。

それは単純に言葉が通じないからだ。

言葉が通じないからこそ、相手の目を見て、心を感じようとして、全身全霊でその人と向き合うこととなる。たとえ恋人でなくても。

しかし、母国語の環境にいると、その言葉は簡単に理解できてしまう。

それがいつの間にか、相手の目を見ないで会話をしていたり、何も感じようとしないで、脳だけでそれを処理してしまう。

それに慣れてしまうと、「波長が合うこの人!」という感覚や「テレパシーみたいに通じ合うなこの人」といった事など信じられなくなり、人生が味気ないものになってしまう気がする。

コミュニケーションの本質ってなんだろう?

言葉が不自由な中に身を置くからこそ、言葉だけに頼らないコミュニケーションの本質が見えてくる。

世の中に素敵な恋人たちが増えることを願って✨

いつもお読みいただきありがとうございます😊

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.