最近ヴィーガンとして暮らしています。

ヴィーガンとして暮らしています

どうもみなさんこんにちは!

ヨギーです。

7月に台湾から帰国して以来いろいろと日々の生活を見直しているのですが、その中で大きな一つの変化がありました。

それが、「ヴィーガン」になった、ということです。

ヴィーガンはベジタリアンのさらに上で、完全菜食主義者のことです。

今日はちょっとその経緯や思いを書いてみたいと思います。

ヴィーガンって何?

最近日本でも少しづつ知名度が上がってきたと思いますが、ヴィーガンとは完全菜食主義者です。

ベジタリアンは肉と魚を食べない人たちですが、

ヴィーガンはそれ以外にも、卵やチーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品も一切とりません。

 

ベジタリアンとしての生活も日本ではそれなりに大変なのに、ましてヴィーガンはかなり大変です💦

自宅で自炊しているのならば、それなりに可能ですが、外食するとかなり厳しいです…。

それは日本の食は、肉や魚から出汁をとるから見えない形で動物を摂取していることになっちゃうんですよね….。

 

他にも、まだまだ実践者が少ない日本では、友達とかと食事を共にすると、これ食べれないあれ食べれないとなり、せっかくの楽しい食事の時間も雰囲気を壊してしまいかねます…💦

 

ヨーロッパでは?

ボクが5年間イタリアに住んでいた時、ベジタリアンやヴィーガンというのは、そこまで珍しいものではありませんでした。

自分の主義を持ち、周囲の目などを気にせずに自分の考えを尊重する。

10代の若者でも自分はヴィーガンだという人もいました。

成熟していますね^^

 

社会も進んでいて、みんなで食事をするときはヴィーガン用に別に分けて作ったり、意見が違うことに対してそれを咎める人は全くいませんでした。

もしかしたらそれは文化かもしれませんが、個人主義という。

日本はその点、みんなと合わせない事をするとちょっと気まずいですよね。集団主義の日本ならではかもしれませんね。

まぁ、どの文化も一長一短なのですが…^^;

 

ただ、新しい事をする上では、やはり欧米の個人主義の世界観にいた方が楽ではありますね。

そして、ヴィーガンとは、社会をよくしようという社会活動であり、その為の主義の主張であるのですから。

過激派ヴィーガン?

日本でもヴィーガンが少しづつ浸透してきているのと同じくらい、それに異を唱える人たちとの間で揉め事が起きている。

それはなぜだろう?

上記したように、ヴィーガンはただお肉を食べないというものではない。

これはある意味社会運動なのだ。

 

畜産業界の闇。モノとして扱われる動物たち。残酷すぎる屠殺場。命がお金以下になっている現実。

しかしこれらはただの前提に過ぎない。

実は、地球温暖化はこの肉食が大きく関係していると言われているのだ。

家畜を放牧するために必要な土地の開墾。

飼料にする為に作られる農作物用の土地の開墾。

家畜から出るさまざまなガス。

それらを運ぶ運送コストなど。

それら全てを合わせると、地球上の全ての交通手段(車、トラック、飛行機、船舶、列車)が排出するCO2量と同レベルとなると言われている。

 

これは驚きじゃないだろうか??∑(゚Д゚)

車など使わずになるべく電車に乗って地球環境に配慮しようと思っていても、肉食であることがそもそもこれだけ地球に負担をかけていたなんて…。

 

そして今現在も、ブラジルのアマゾンでは大規模火災が起きていて、今年だけで東京都15個分の森林が焼失したそうだ。

しかも理由は、家畜を飼う土地を作る為にわざと発火させたのだという…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

燃えるアマゾンのためにできること 🐅 🔥 日本ではアマゾンの森林火災に それほどスポットライトが当たりませんが、 今年のアマゾンの森林火災は過去最悪のペースで進んでいます🔥 なんと1月〜8月の8カ月間で 【 東京都15個分 】の面積が燃えてしまいました。 これは1分間にサッカーコート14個分の森が アマゾンから消えていっていることを意味します 😧 1分でサッカーコート14個分・・です。 遠く離れたアマゾンの森林火災が 大規模で燃えていることを知ったところで 自分にできることはとても少ないと思っていませんか?🌳 実はアマゾンの森林火災は自然発火ではないんです。 牛の放牧やそのエサとなる大豆などの 生産拡大のための違法放火により森が燃えています。 ブラジルは牛肉の最大輸出国です。 アマゾンの森は2019年時点で既に全体の 20%が燃えていて、これが35%に到達すると もう後戻りできず、50年以内に草地になると言われています。 今まで土や植物の中に炭素を蓄えて、地球の気候を安定させているアマゾンの森が 今、反対にCO2を何十億トンと排出し、気候変動を悪化させてしまっています。 わたしたちはいま、アマゾンを守れるか否かの分岐点にいます。 この流れをみんなで力を合わせて止めましょう! まずは今食べているお肉の量を半分くらいに減らすことを目安に、お肉の消費を減らしましょう。週に1~2日お肉を食べない日をつくったり、毎日1食はお肉を食べないようにするだけでも、大きな力になります。お肉を食べる時は、エサから国産のものを選ぶとアマゾンなど森林へのインパクトを抑えられます。 そして、 世界15カ国で団結し ブラジル政府にアマゾンを守るように訴える グリーンピースの国際署名にご協力ください! プロフィール @greenpeacejp のリンクから『急速に燃えるアマゾンの森 』をクリックして参加してください。 みんなでアマゾンの森を守りましょう! 参照:ブラジル国立宇宙研究所 #レスミート #アマゾン #森林 #森林破壊 #気候変動 #地球温暖化 #異常気象 #生物多様性 #森林火災 #ベジタリアン #ヴィーガン #牛 #大豆 #畜産 #肉食 #肉 #環境問題 #エコ #地球に優しい暮らし #登山 #気候危機 #子どもの将来 #SDGs

Greenpeace Japan グリーンピース・ジャパン(@greenpeacejp)がシェアした投稿 –

まずは知る事

過激派ヴィーガンと呼ばれる人たちがいる。

別に誰も過激な事をしたいとは思っていないと思う。

ただ、これらの現実を知った時に、悲しみ、絶望を感じ、少しでも社会を良くしたいと思い声を上げる。

そしてその時に、何も知らずに、ただ自分たちのやりたい事しか考えていない人たちの心ない声を聞くと、頭に来て言動がエスカレートしてしまう。

『お肉を食べさせろ。業界を守れ。食文化を壊すな。』

これらはただのエゴだし、無知だ。

 

そもそも人間は本来肉食をしなくてもいいように体ができているし、今現在は美味しいお肉以外の食事も山ほどある。

まして日本人でいうと、日本人がお肉を食べるようになったのはこの100年ほどの間のことだ。

そして今後の世界はサスティナブル(持続可能)が第一優先事項であり、地球や生き物のことをいたわっていない産業は衰退していく。それは明白だ。

残酷な動画の代わりに、まずは知識を

よくヴィーガンになったという人は、動画などで動物がどういう扱われ方をしているのかを見て心を痛めてヴィーガンになる人が多い。

それを知るのも大切だけれど、ここでは、まず社会問題としての知識を得てもらいたいので、こちらの動画をオススメします。

オリラジのあっちゃんがやっているYoutube大学!偏った情報が入っていなく、公平で分かりやすいと思います。

まとめ

ボクがベジタリアンやヴィーガンを意識し出したのは、もう10年くらい前のこと。

そう、ようやくヴィーガンとして生きていく、と決意を決めてから10年近くかかっているわけです…。

それでもこの数年はお肉は週に1、2回くらいの頻度でしか食べていなく、少しづつ意識を変革させていっていたわけではあるのですが。

みなさんにもこれらの現実を突きつけて、さぁ、今すぐ変われっていうのは無理だし、かなり難しいと思います。

それに、お肉ってやっぱり美味しいですよね^^

なので、最初は無理せずに、少しづつ減らしていくのが良いと思います。

まずはここからできる社会貢献であると思います。

ヴィーガンについてはまた近況をアップしたいと思います。

実際に何を食べてるの?や、ヴィーガン情報、栄養が偏らないように気をつけたい事など、情報をシェアしていきましょう!

それではまた!🌈🌈🌈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA