アフリカ冒険 世界をみる

【奴隷貿易の砦】ガーナ・ケープコースト城とジャマイカとの繋がり

ここガーナには、ラスタマン達が多かった。

ラスタマンについてはこちら

それはこの国の歩んできた歴史が関係していた。

奴隷貿易の盛んだった中世、1501年-1867年、当時の新世界であった南北アメリカ大陸へと奴隷を連れていくためにたくさんの悲劇がここ西アフリカの沿岸各地で起こった。

こちらも参照↓
(セネガルの奴隷貿易島、ゴレ島)

それは決して一国だけでなく、スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリス、フランス、デンマーク、スウェーデン、アメリカが関わった。

その力関係、戦争の勝敗で植民地の主導権が常に移り変わった

ここガーナのケープコーストにある、ケープコースト城も当初はポルトガル、そこからオランダ、スウェーデン、そしてイギリスへと主権が移り変わっていった。

当初は金や木材の貿易拠点だった…

現在ではここはユネスコ世界遺産として登録され、博物館となっている。

当時の現実をリアルに展示している。

城を守るための大砲。ここは要塞である。

そして、西アフリカ各地に築かれた城塞や奴隷貿易の拠点の中で、ここケープコーストから連れ去られた黒人の数が圧倒的に多かったのだった。

この写真は、この地を自身のルーツだと考える著名人達の写真だそうだ。

なんと!

左上にはボブ・マーリーがいる。
真ん中にはスティービーワンダーもいる。

ラスタファリアンについての史実も書かれる。

しかし奴隷貿易の実態は…

日本ではなかなか考える機会のない、奴隷貿易の歴史。
ここでは人権や人種、国籍、差別。当時の状況がうかがえる。

しかし、一概に白人やヨーロピアンのみが悪いというわけでなく、実は、ここ現地の当時存在していた黒人の王国も、他の部族の黒人を捕まえて、ヨーロピアンたちに売っていたという事実も残っている。

人間の欲望やエゴ、意識、残酷さというのはどこでも一緒なのだなと改めて考えさせられたのだった。

ガーナとラスタマン達

そして、以上のような前説と歴史があり、ガーナは、ジャマイカと深いつながりがあり、ここガーナでもラスタファリを信仰する者は多かった。

つまり、ここにはラスタマン達がたくさんいたのだった。

またガーナもジャマイカも英語の国で、お互いが意思疎通できたのも大きいかもしれない。

そしてガーナ人に大きな影響を与えたのは、やはり未だに多くの人に崇拝されるレゲエの神、ボブ・マーリーがガーナ出身だったという事かもしれない。

(ボブの妻、リタ・マーリーは僕らがいた当時、ガーナに暮らしていた。)

物語は続く…

以上のような歴史と状況下にあったガーナ。

そこに偶然辿り着いた僕らは、日に日にその深みへと入り込んで行った。

彼らの叡智とは。

それは、僕らにとって未だかつて出逢った事のない人種との遭遇だったのだった。

-アフリカ冒険, 世界をみる
-, , , ,

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.