アフリカ冒険

過去の自分を超えろ!自分探しの果てに、渾身のパフォーマンスと得た力

ガーナに滞在して面白いように時間が流れていった。

車を買ったり、地元若者ラスタマン達と交流を深めていったり、日々様々な出来事が起こり同じ日というものは存在しなかった。

そして当初の滞在目的であった、サッカーアフリカンカップの開催まで間も無くとなった。

しかし、その’’オープニングセレモニーでパフォーマンスをする’’という事であったが、一向にその詳細を詰めるような話は無かった。

僕たちは、もしかすると?と思った。
しかし、 それでも僕らの日々は、変わらずに一生懸命に練習するのみであった。

もはや出る出ないに関わらずこの3週間、寝る間も食べる間も惜しんで練習してきて、自分の中心はジャグリングとなっていた。一つの事にここまで熱中して続けた事は人生で初めてであり、そこから様々な発見や学びもあった。

その後結論から言うと、オープニングセレモニーは結局話がうまく通らずに、僕らのパフォーマンスはなかった。フィンや、キャプテンガーナも出来ず、僕らは『まぁ、アフリカだからそんなもんだよね』と笑って終わったのだった。

(フィンとキャプテンガーナについてはこちら)

しかし、それは叶わなかったものの、今3週間経ってみて、代わりに僕が得たものの大きさに驚いたのだった。

コクロビテの秘密のビーチ

僕らは車を手にしてからというもの、なかなか公共交通では行きにくい所へも簡単に行けるようになった。

その一つが、コクロビテだ。(Kokrobite)

ここは、首都のアクラにほど近い場所にあるビーチリゾートで、幹線道路から道を外れ、未舗装路を30分くらい走った先にある秘境的なビーチリゾートだった。

一応ガイドブックには載っているみたいだが、簡単には来れず、知る人ぞ知る場所だった。

(コクロビテの秘密のビーチ→https://bigmilly.com/

僕らはある週末の日、フィンがここに行こうと誘ってきてくれた。

大きな敷地内にコテージが並び、目の前には海が広がる。

オアシスも同じだが、その規模と資本、雰囲気の良さは比較できなかった。

南国の情緒溢れる素敵な場所だった。

敷地内にはバーやハンモック、ブランコ、休憩スペースも多くある。

ここで見た衝撃的な物は、このトラック達だ。

彼らは、ヨーロッパ(特にオランダ。オランダ人は冒険好き)から、このトラックに乗ってやってきた、いわばツアーでの旅行者達だった。およそ20人程乗っていて、テントを積み、食料を積み、スペインから船でモロッコへと渡り、そこから南アフリカを目指しているのだった。

もちろんツアーと言っても通常のものとは違い、かなりの冒険だし、危険も付き物だろう。

運営会社があり、この地を何度も往復しているベテランのドライバーが皆を乗せて旅をしていた。

スコップやら、非常用のガソリンやら、何本ものスペアタイアやら、ぬかるみにはまった時用の足場までちゃんとあり、ドライバーはメカニックの資格も持っていた。

これは凄い…!!

これぞオーバランダーであり、しかし規模が違う!

人生初のパフォーマンス。緊張とその先にあるもの

そしてここでは毎週末にLiveミュージックとパフォーマーによるショーが行われていた。

僕らはフィンが話を通してくれ、ここでパフォーマンスをする事になった。

オアシスよりも雰囲気がよく、規模も大きい。周りに民家はないので音楽も大きな音で流され、盛り上がりを見せた。

もちろん多くの客が集まり、地元民から先ほどのツアー客、また欧米人で普通に来た旅行客やNGO関係、ビジネスで来ている者らもいた。

また集まったパフォーマーも多かった。彼らは皆アクロバットだ。

雄生と僕でやる事を分ける。

雄生は、様々な種類のジャグリングにバルーン、ファイアーも扱えたが、僕が今できる事は、ジャグリングのボール3つと、バルーンで犬を作れるくらいだ。

なので、その二つが僕のレパートリーとなった。

しかし技術力は上達したとはいえ、まだまだ上手いなんて呼べるものではなく恥ずかしかった。

けれどももうそういった事は考えない事にした。今、自分にできる事をやるだけだった。

そしてジェンネ以来、僕はここで初めて、まともなショーというものを経験することとなった。

僕の出番は全体の中で、数分だけだが、それでもその緊張といったらなかった。

始まる前は、口から心臓が飛び出そうなほどドキドキしたし、胃も痛いし食欲もなく、怖く、ずっと憂鬱だった。

この頃、ようやく口でバルーンを膨らませることに慣れてきた頃だった。

バルーンを口で膨らませるのはすごく難しく、3週間かかった。

しかし、ショーの最中、緊張から手元、口元が震えて膨らまなかったらどうしよう。また割れたらどうしよう。

マイナスな事を考え出したらキリがなかった。

僕は元来とても人見知りだったし、恥ずかしがり屋だった。

人前に出る勇気はなかったし、自分がどう見られているかも自信がなかった。

そしてそれを、このアフリカの旅の中でさんざん再認識させられ悔しい思いをたくさんしてきた。

しかし分かってはいても、具体的にどうしていいのか分からずに、そうして望に当たってしまった。

僕は変わりたかった。パフォーマーになる志望ではなかったが、今、自分を変えることのできる物はこれだった。

自分の苦手に挑戦すること。恐怖に打ち克つこと。

それは逃げないこと、諦めないこと、言い訳をしないこと。

そして僕は知った。

恐怖に打ち克って物事を成し遂げた時、その達成感と充実感と言ったらなかった。

魂が輝きに満ち溢れ、自然と笑顔になり、怖いものは何もなくなる。そしてエネルギーに満ち溢れるのだった。

何だ、この力は!?

僕はこの感覚こそが、今の自分に必要なものだと悟った。

そうか、これはきっと『自信』だ!

おまけ☆

こんな小さな子もパフォーマンスをする。

手馴れたもので、本番前でもこの余裕の笑顔^^

彼は家庭の経済的理由によりパフォーマンスをしていた。

子供だが一人前だ。人によってやる理由は様々なのだなと知った。

パフォーマンスは毎週末行われたのだった。

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.