世界の路上でパフォーマンス!

World Performing Blog

中国滞在記

中国でのバルーンイベントにゲストパフォーマーとして呼ばれて行ってきた!

中国は景気がいいといわれている通り、バルーン関係やエンターテイメント系のイベントは近年多く開かれているようです。
ただ、中国ではfacebookやYoutube、ツイッタ―などのネットメディアが使えないので、その情報はあまり入って来ません。この時代、同じ趣味や仕事をしている者同士は、国境を越え世界中で繋がっているので、その情報交換も盛んです。しかし、中国だけは謎のまま!!今回は台湾の友達経由でこの仕事の依頼が入ってきました。

Day1日目、成田から杭州へ~

午前の便で成田を出発しました。中国の杭州とは、名前は聞いたことはあっても観光で行くようなイメージではないし、どんな所なんだろう? 不安もある中、唯一嬉しかった事は成田から直行便が出ていた事でした。

今までたくさん乗ってきたが、今回初めて自宅の上を飛んだ!

11月7日の今日は平日。しかし席はほぼ満席でした。どんな人たちが乗っていたかというと、スーツを着用し、短期用の小さなスーツケースを転がしたビジネスマンたちでした。
「おぉ、さすが!」と思い、頑張ってくださいと心の中で静かに応援しつつ、僕も自分に課せられた使命を全うするために、頑張ろうと思うのでした。

さて、杭州までは成田から3時間!距離的には台湾へ行くのと同じくらいの感じですかね。
飛行機はANAだったので、フライト中はサービスがきめ細かくとても快適でした。
しかしそれが終わりを告げるのも、中国の空港に着くまででした。

僕は過去に様々な国や地域を渡り歩いてきましたが、その多くの国で共通している事があります。
ここでも例に漏れずその様を醸し出していて、あぁ、海外に来たのだとまず感じ、それは僕にとって残念感ともわくわく感とも言える絶妙な感覚でした。

それは空港に活気がないという事です。照明がうす暗く、また汚さがある。
そして海外からのお客さんを迎えているのにスタッフにやる気がない。(しかしそれは日本人が勝手に思う価値観だろうか!?)

なんというか、場を彩る華もなく、全体的に沈んでいる、建物は新しくて綺麗なのに。
空港なのにそんなんでいいのか?!
またスタッフの仕事の仕方が役所仕事である。

しかし、全てに管理が行き届いた日本から来ると、こんなところに海外だなぁ~と感じ、それが嫌いじゃない僕にとっては嬉しくなってしまうのであった(笑

中国の街中、生きる人達を見て思う事

その後無事、友人らと合流し、ここから2時間ほど車で行った今回の目的地、義鳥という場所までやって来ました。

中国はさすが大きな大陸で、その広大さがよく見てとれます。
家の建て方や、隣までのスペース。また道路の幅一つ取ってみても、日本みたいな狭くなく余裕があります。中国の羨ましい所ですネ^^;

また僕を安心させたのが、人々のゆるさですかね。空港の時と同じですが、悪く言えば適当なんですが、それは、街を見渡してみて、道端でドライフルーツ売っているおばさんや、バイクに詰めれるだけ積んで走っているおじいさん。公園での人々の集い語らい。それは全体を通しての人と人との距離感ですね。

日本ほどぎすぎすしていなく、また法律やルールを守るのは大事だけど、それだけを見て肝心の人としての温かさや度量を忘れている人達。僕にとって日本はとても息苦しかったりします。

中国の規模と経済力!

さて、ホテルにチェックインした後は、明日から始まるバルーンコンベンションの下見へ。

ホテル近くに立つ、これまた中国らしい巨大なショッピングセンター。
とても大きく、長さ1キロはあるんじゃないか!?とすら思いましたね。中に入ると、大胆に吹き抜けが通っていて、日本では見かけないようなデザイン!近未来的というか宇宙的というか凄い!の一言。
そしてそこの1階ホールにはたくさんのバルーンがすでに飾り付けられていて、またその後ろにはメリーゴーランド!?がありました。
はてさて、明日にはもっと飾り付けが進んでいる事でしょう。どんな風になるのか楽しみですね^^

中国の食卓、大人数で一緒に食べる!

そしてあらかたの打ち合わせが終わると、みんなのお楽しみディナータイム!
ショッピングセンターの上の階にある中華のお店へ。店内の内装はとても凝っていて、乙姫様?が迎えてくれました!

中華料理は、大人数で食べるもの!その通りで大きな丸テーブルに着くと、程なくしてたくさんの色々な種類の料理が運ばれてきました。これなんだろうって食べると、とっても美味しかったり、とっても不味かったり…(笑)

僕はあまりグロテスクなものは食わず嫌いしてしまう性格なので、いつも中国や台湾で本格的なところに行くと、あまり食べたくないような物もたくさん出てきます(笑)

中華料理って本当に凄いというか、不思議というか。何でも食べるって凄いなと毎回思います。

今回はそんなに変なものは出てこなかったので(笑)、どれも美味しく頂けました!^^
一つ面白かったのは、卵を溶いたスープを食べたのですが、甘かった事!白玉も入っていて、一口すすって甘くてびっくりしました。

干杯!!

いよいよ明日から!

中国は日本と似ていて非なる文化ですよね。毎回彼らと接すると思います。
僕が感じるその大きなところに、彼らは人見知りをしないし、触れ合う肌と肌の距離も近いと思います。また食事でのコミュニケーション、これをすごく大切にしていますね。

明日から始まるバルーンな日々。またここの文化に触れ、ここの人達と出逢える事を楽しみにし、たくさん学んで来ようと思います。

-中国滞在記
-, , , , , , , ,

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.