アフリカ冒険

【アフリカに生きる!】子沢山でも等しい生きる命の重さとは

2019/11/23

こんにちは、Yogiです!^^ 今回は、僕が3ヶ月間滞在していた西アフリカのギニアという国をテーマにお届けします。 まもなく人口過密問題を迎えるアフリカ。 そこでは人の命は軽く扱われているんでしょうか ...

リチャードマジック!

リチャードと不思議なマジック【誰でもできる旅のコミュニケーション術!】

2019/11/20

こんにちは!Yogiです^^ 皆さんは、初めて会った人とでも上手くコミュニケーションをとる事ができますか? 人見知りをしたり、壁を作ってしまったり。また仲良くなりたいのに、どう接していいか分からなかっ ...

旅の終わり、アフリカ〜僕たちの見て来たもの〜

2019/7/28

ガーナに戻った僕たちは最後の時間を過ごしていた。 ここは居心地がいい、いつまでもいたい。 そう思う反面、しかし次なる目標がないのにこのまま居続ける事はまだ出来ない。 次の目的地はヨーロッパだ!そこで、 ...

ナイジェリアとゲリラの国

2019/7/29

ナイジェリアは人口が多く、その数1億9000万人とも言われている。 アフリカ随一だ。 多民族国家で500の部族からなる。 石油が豊富に産出され、人口も多いので経済規模も世界第21位とあり、決して低くな ...

ガーナ出発!隣国トーゴとベナン

2019/7/12

ガーナでの滞在は3ヶ月に及んだ。 ここまで長期で滞在しようとは思っていなかったが、それを余儀なくされていた。 その理由は、車の名義変更の為だった。 車を買い、そこに付いていたナンバープレートは前オーナ ...

アフリカに生きるという事

2019/6/28

ガーナでの滞在は、期間が長くになるにつれて僕らの存在も知れ渡っていった。 毎週末にリゾート地でパフォーマンスをする。日本人のコンビということで物珍しさもあり地元の人らに知れ渡っていった。 平日は僕らは ...

【奴隷貿易の砦】ガーナ・ケープコースト城とジャマイカとの繋がり

2019/5/20

ここガーナには、ラスタマン達が多かった。 ラスタマンについてはこちら それはこの国の歩んできた歴史が関係していた。 奴隷貿易の盛んだった中世、1501年-1867年、当時の新世界であった南北アメリカ大 ...

過去の自分を超えろ!自分探しの果てに、渾身のパフォーマンスと得た力

2019/5/19

ガーナに滞在して面白いように時間が流れていった。 車を買ったり、地元若者ラスタマン達と交流を深めていったり、日々様々な出来事が起こり同じ日というものは存在しなかった。 そして当初の滞在目的であった、サ ...

ラスタファリズムとは?凄惨な歴史の裏にあった奴隷黒人たちの叫び

2019/10/25

ラスタファリアンというのをみなさんはご存知だろうか? 俗にラスタやラスタマンとも呼ばれたりする彼ら。 本物を見た事がなくても、それを真似ている人や、またボブ・マーリーならば多くの人が知っているだろう。 ...

アフリカ大陸を駆け抜けろ!オーバーランダーに憧れて

2019/4/26

僕らが日々生活の拠点としていた街、ケープコースト。 そこにある宿オアシス。 そこで僕らは毎日練習に明け暮れ、夜になればそこのバーでビールを飲む。 様々な地元の面々が集まり、賑やかな宴は夜な夜な続く。 ...

さぁ新たな世界へ!心機一転、飾らない心

2019/4/26

2008年、自分を変えたいと思った時に行なったもう一つの事があった。 それが’’髪を切る’’事だった。 僕はロン毛ではないが、髪を普通に生やしていた。 しかし、自分を変えたいと思った時から、髪の毛は切 ...

背筋に電気が走る衝撃とは!?ジェンベマスターに憧れて☆

2019/4/26

僕と雄生がジャグリングに打ち込むのに対し、望とまさえはこちらの伝統芸能であるジェンベという太鼓を学んでみたいと言った。 以前から望は旅の途中、いつかジェンベを学びたいと時ある事に言っていた。僕はそれを ...

ケープコースト・物語りの始まりの地!

2019/5/19

僕らが辿り着いた地、ケープコーストは’’面白い’’が凝縮されたような場所だった。 元奴隷貿易拠点の街という事でその当時に使われていた大きな砦があり、その前には見事な教会も建っている。 観光客も多く、出 ...

新たな扉・新たな風。自分探しの旅は次のステージへ!

2019/4/26

僕は落ちるところまで落ちた。そして射した一筋の光。 ’’変わろう’’ 自分の可能性を信じ、それが再び自分の全てを突き動かす原動力となった。 『まずは自分のありのままを認め、受け入れてあげる事だよ。』 ...

挫折!人生の底部で見出したもの。パンドラの箱の中身とは…!?

2019/4/26

ドゴンの国を出た後は、隣国ブルキナファソへと入った。そして首都ワガドゥグーまでと辿り着いた。 この街は閑散とした雰囲気で、首都だが全体的に活気があるといった感じではなかった。 しかしバマコのように土埃 ...

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.