【プログラミングを学ぶ】オンラインスクールTech Academyのワードプレス講座レビュー

プログラミング

このほど、オンラインスクールTech Academyの開く「ワードプレス1ヶ月短期集中講座」を受けてきた。

ワードプレスに特化したプログラミングコースはそうそう無いし、しかし、実際はどうなのだろう?

その内容を振り返ってみる。

そもそもWordpress(ワードプレス)ってなに?

そもそもWordpress(ワードプレス)だが、何それという方もいるかも知れない。

WordPressとは、ブログやWebサイトを作るプラットフォームである。

このブログサイトもWordpressを使って作っている。

要はWordpressが用意してくれている材料や素材を使って自分のブログやWebサイトを作れるのである。

有名なアメブロなどもそう言った意味では同じであるが、Wordpressはそのカスタマイズ度がずっと高い。

世界中に存在するWebサイトのおよそ3割は、このWordpressを使って作られていると言われている。

そして自由にカスタマイズできる代わりに、プログラミングの関する知識も必要になってくる。

なくてもある程度のものは作れるが、やはり知っているとより自由にサイトを作れることになるだろう。

授業の内容

さて、そんなWordpressだがこれを構築しているのはHTMLとCSS、そしてPHPというのが主な言語だ。

レッスンでは、この3つをメインに学んでいく事となる。

HTMLとCSS

僕自身、このコースを受け始める前まではプログラミングなんてやったこともなかったし、知識は0だった。

またHTMLという言葉はいろいろな場所で目にしていたので名前だけは知っていたし、難しいだろうなという固定概念があった。

いや、そもそもプログラミング全般に対してそう言った固定概念はあった。

「難しくて、複雑。」

そんな中、いざレッスンが始まり、Webの仕組みなどの基礎的な事をやり始めていき、最初にやるのがHTMLだった。

これは一つのWeb言語であり、その他にも数多く存在する。

では具体的になにがそれぞれ違うのかというと、それぞれの言語でできる事が違うのだ。

例えばこのHTML。これは何かというと、

HTMLでは文章を打つ事ができる。

以上だ。

HTMLだけでページを作ると、文章が上から下に向かって打たれているだけの表示となる。

文字を大きくしたり太くしたりなどはできるが、それ以上はあまりできない。

 

HTML編集画面

上の画像が、編集画面。本文以外にも決められた設定みたいなものも最初に書き込む。そして下が実際に現れる画面だ

 

そこで次にCSSが登場する!

このように色を加えたり。

[st-mybutton-mini url=”https://yojiyanagisawa.com/blog/study-techacademy/” title=”こんなの作ったり!” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#4FC3F7″ bgcolor_top=”” borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#03A9F4″ ref=””]

 

HTMLで打ち込んだ文字に彩りを加える事ができるのだ。

文字の色やサイズ、表示される位置などを細かく指定する事ができる。

またアップした写真の位置の指定をしたりサイズ変換したりするのもCSSの力だ。

 
〜このページのまとめ〜

実際にレッスンを受けてわかったのは、HTMLはすごく簡単だっていう事。

書き方にルールがあって、それに則って書いていけば大して難しい事はない。

一方CSSは、できる事の範囲も広いし、これをしっかりとマスターするのがWebページを自分の思った通りにカスタマイズする上で必要不可欠である。ただ、HTMLよりも難しさはグッと上がる。

CSS編集画面

CSS編集画面。数値を記入して細かい表示設定をする。

 

PHP

その後に登場するのがこのPHPだ。

これは一体Webサイト上でどんな役割を果たすのだろう?

これをしっかりと理解するのが面白みのあるサイトを構築する上で欠かせない。

PHPとは簡単にいうと、「動的サイト」を作ってくれる。

逆にHTMLとCSSだけで作った物は「静的」と呼ばれている。

どういうことかというと、例えば、記事をアップした時にトップページに「新着記事」として自動で表示される事がある。

またその後も記事を更新するたびに常に自動で切り替わっていってくれる。

それが「動的サイト」だ。

 

PHP編集画面

PHPが入ったことによりより高度に複雑化していく…

 

ワードプレス講座、受けてみての感想

このコースは初心者から始めて、最終的に一人で言語を打ちこんで、Webサイトを作れるようになるところまでを目指している。

最終的にはWebプログラマーとして独立して仕事ができるようになるのが目標だ。

レッスンは最初は、Webの仕組みや、言語の基本などをやり入りやすかったが、しかし1ヶ月の短期集中コースはすぐにレベルが上がっていったのだった。

カリキュラム

写真やイメージも多く、レッスンの教科書は分かりやすい。

言葉も難しく、専門用語や、聞き慣れない言葉が増えていく。

プログラミング言語は英語でできている為に、スペルミスにも気を付けたい。

書き込んでいく際にスペルミスやタイプミスがあると、一文字だけで画面は真っ白、正しく表示されなくなってしまう..。

テキスト内容

理解するのに頭を使うことも多い…。

 

このコースを受けた正直な感想は、『すごくレベルが高くて、内容が詰まっている』と言うことだ。

上昇志向、プロ志向。やろうとしている目的が明確な人にはオススメだ。

また、少し知識がある人が、さらに理解を深める為にもオススメである。

しかし、中途半端な気持ちではレッスンに付いていくのはかなり大変になるだろう。

コース案内&金額

僕が受けたのは1ヶ月集中講座だったが、同じ中身を最高4ヶ月に渡ってゆっくりとじっくりと学ぶこともできる。

逆を言うと、僕のは1ヶ月はものすごく大変だった^^;

ここのカリキュラムは全て体系化され目安となる勉強時間も設定されている。それは全体で160時間。これでこのWordpressコースの全部のテキストと課題をやり終える事ができる。

それはつまり、1ヶ月コースだと1週間で40時間の勉強時間の確保が必要なのだ。

これはみなさんの予定と予算に合わせて、決めるのがいいだろう。

税別、カード分割払い可。

 

学べる言語一覧

こちらには他にどのような言語があるか、こちらがここTech Academyで学べる言語一覧だ。

 

 

一般的にプログラマーに必要とされているスキルに加え、自分がどの分野で活躍したいかによって、その専門コースもたくさん用意されている。

また、他のオンラインのプログラミングスクールでは、Wordpressを専門に扱っているコースはあまりそうないので、ここのは特色がある。

授業の進み方

授業は、カリキュラムに沿って進められる。

カリキュラムはレッスン0からレッスン10まであり、それぞれのテーマごとに別れていて、最終的にWordpressでのサイトを構築する必要な全ての知識が学べる。

またこのコースの最終的な目標は、wordpressのテンプレートを使うのではなく、自分で1からページのデザインをして、実際にサーバーにアップロードして、使える状態にまで持っていく事を目指す。

週に二回のビデオチャット

週二回、自分専属のメンターが30分間質疑応答をしてくれる。

テキストを見ていてもわからない事や、疑問点などを教えてくれる。

またモチベーションのアップという大事な意味合いもはらんでいる。

確かに僕自身も、メンターとのビデオチャットがあるからこそ、それまでに課題を終わらせておかなければ、とやる気を起こさせてくれた。

また、どうしても分からないことなど、メンターはさすが詳しく、一発で解決できる事も多かった。

チャットサービス

それ以外だと、専用のチャットルームで、いつでも質問をする事ができる。

メンターは、答えを教えてくれるというよりも、それを解決するためのヒントを与えてくれる。

学習者が一番成長できる方法を選んで教えてくれる。

オンラインスクールの利点とは

まずはプログラミングに対して思うイメージとはなんだろう?

僕は、かしこより思い描いていたのは、働く場所や時間に縛られない、という事だ。

そんなプログラミングを学ぶのに、場所や時間に縛られていてはナンセンスだ!

今は様々なジャンルがオンラインレッスンで学べる。日本中のどこにいても海外にいても問題ない。時間に縛られないし、また重たい教科書を持つ必要もない。

必要なのは、パソコンとネット環境。

あとは、やる気だろうか^^

卒業後の就職ケア

このTech Academyでは卒業後の就職支援も行っている。

学んだスキルを生かしてその後に働きたい方に、就職先とを繋げるサービスだ。

またコンテストも定期的に開催していて、作ったWebサイトを発表して優秀作品などを決めるといった催しもしている。

これもモチベーションのアップと、入賞すればより多くの人から注目されることとなるだろう。

まとめ-最後に-

いかがでしたでしょうか?

ここではプログラミングのオンラインスクール、Tech AcademyのWordpressコースについて感想&紹介しました。

もしあなたが今、これを受けようか迷っているのならば、私からのアドバイスとしてはこうだ。

WordPressでテンプレートを使わずに、1から自分で作り上げたい人にはこのコースが向いている。(プロ志向の人)

また、そこまでいかなくても、もう少しWebの事やWordpressの事を知りたいと思う人もこのコースは受ける価値があるだろう。

しかしもしもっとシンプルに基本だけでいいと言うのならば、このコースは恐らく向いていないだろう。きっと難しすぎる。そう言う方はまだ本やネット検索で学ぶのがいいと思う。

まずは自分がどこを目指すかによって選択肢は変わってくると思う。

私に限っては、今回このコースを受けてみてとても大変だったが、やる気だけで乗り越えた。
全ての課題を理解できたわけではなかったが、しかし今ではWordpressの操作や、その他全般に対して理解度が深まったと共に、自信がついた気がする。多少の事はなんでも解決できると思うし、自分の力でできる事、できない事の境界線も分かった。また最初は厄介だった英数文字だらけの言語も、すぐに見慣れた。

そう、間違いなく、自分のWebの技術的な力は底上げされたと思う。

おまけとして、シンプルにプログラミングの基礎を学びたければ、こちらのサイトもオススメしておく。

https://prog-8.com/

このレビューが皆さんの参考になれば幸いだ。

 

本格的にワードプレスを学ぶならば、オンラインレッスンがオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA