イタリア語ガイドアシスタントのお仕事!東京観光街歩き!

Buon giornoみなさん!

今日はフリーランスで定期的にやっているイタリア語ガイドアシスタントのお仕事紹介です。

政府の進めるインバウンドの効果もあり、イタリアからのお客さんもここ数年倍増傾向にあります。

そこで必要とされているのが、現地観光アシスタント!

何それ?!面白そう?いや、実際には大変では?

はい、ではその仕事風景を少し見てみましょう!!

 

観光ガイドアシスタントってどんなことやるの?

あくまでもアシスタントなので、ガイドとは違います。

その違いとは、ガイドは国家資格です。難関試験を突破して得た、血と汗と涙の結晶と言って良いかも知れません。

一方、アシスタントは民間資格なので、そこまでの難しい試験はありません。最低限のイタリア語は必要ですが。

そして、ガイドとの一番大きな違いは、歴史を説明できないところです。

ガイドではないので説明してはいけません。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]ではいったい何をするの??[/st-minihukidashi]

観光のお手伝いをします。

例えば、東京の電車・メトロの使い方。

特にイタリアの公共交通機関はここまで複雑でないので、彼らにとっては大混乱してしまいます。

また、行きたい場所や買いたい物、見たい物、食べたい物、時にチケットの手配や、スケジュールの確認、電話などをしてあげたり、ネットでその情報を検索してあげたり、彼らの’’東京でしたい事’’の望みを叶えるお手伝いをしています。

イタリアからはどんなお客さんが来るの?

それはバラバラで色々なケースがあるけれど、しかし、このガイドアシスタントを使う一番多いのは、新婚旅行で日本を訪れるカップルたちだ。

近年、新婚さん逹のハネムーンで日本を訪れるイタリア人が増えている。

世代は主に30代〜50代の方達で、日本に来るのはもちろん初めてだし、アジアに来るのも初めての人たちが多い。

なんで日本を選んだの?と尋ねると、みんな一様に答えるのは、

「ずっと来てみたかった」や、

「日本の文化に興味があった」や、

「アメリカや南米でもなく、全く違う世界を見たかった」

などがある。

僕もイタリアに住んでいたのでわかるが、イタリア人にとって日本は「東洋の神秘の国であり、またテクノロジーや技術の進化した未来の国』なのである。

 

東京観光ってどこを周るの?

お客さんの希望をする所に行きますが、しかしだいたいは任せる!と言われノープランの人たちが多い^^;

その場合は、人気のスポットを周って行きます。

浅草から始まって上野、渋谷、原宿、新宿など。

希望があれば、皇居や銀座、お台場や秋葉原、スカイツリー、六本木、築地 or 豊洲などにも行きます。

また、事前に希望されている時は、鎌倉や日光にも行く時があります。

モデルコースの案内はこちらへ
[st-card id=5457 label=”東京を案内する!” name=”東京観光へ!” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”off”]

 

イタリア語観光にはどのくらい喋れれば良いの?

ざっくりといえば日常会話程度です。

歴史を説明する必要はないので、難しい専門用語を話す必要はないけれど、言葉は知っていれば知っているほど良いですね。

しかし、丸一日イタリアの方達に付き添っているので、言葉がある程度話せないと精神的に辛いと思いますが。^^;

ガイドアシスタントには他にどんな人たちが働いているの?

このイタリア語観光アシスタントに在籍するのは、イタリア語を昔学んでいた人や、留学などでイタリアに住んでいた経験がある人などだ。

その割合は、やはり女性の方が多い。
(女性の方が外向き志向であるからだろうか)

そして自分もそうだが、日本に帰国してからはイタリア語は話す機会がほぼないので、この仕事で久しぶりに話したい!と言う方が多い。

今日の東京一日観光、報告

今日の観光は、北イタリアの都市、ボローニャから来た新婚旅行のお二人だった。

京都から新幹線で昼頃に東京駅に着き、僕はそこでお出迎え!

1日観光は8時間のサービス。普段は朝からだけど、今日は昼からだった。

これから夜まで運命共同体だ^^しっかりとお守りいたします!

彼らは行く場所は「任せる」との事だったので、仕方ないではとりあえず渋谷へ!

浅草から行こうと思ったが、ホテルが浅草だったので最後に行くことに。

渋谷から原宿へ

まずは渋谷のスクランブル交差点へ!

昼過ぎだったので人は少なめだが、それでも世界的に有名なこのスポットに来れて嬉しそうにしてくれる^^

忠犬ハチ公は、たくさんのツーリスト達が写真を撮るために並んでいた。もしかしたら彼は世界一有名な犬かも知れない。

渋谷スクランブル交差点

原宿と明治神宮

その後は歩いて原宿へ、明治神宮を見る

ここは神社の説明と宗教の説明を簡単にする。

歴史は説明していないけど、やはり現場にいるとどうしてもお客さんは「これ何?」って聞いてくる。

特に「仏教」と「神道」の違いは彼らにとって謎であり、興味深いものである。

なので、自分の知っている知識を最低限伝える。

明治神宮

なんでお酒があるの?って聞かれる。皆さんはお酒(日本酒)の意味がわかりますか?

 

たこ焼きとセガフレッドのコーヒーエスプレッソ

その後は小腹が空いて、屋台フードが食べてみたいとの事でたこ焼きを!

彼の方がすごく気に入ってくれて、ぺろっと食べてくれた!

ヨーロッパの国によってはタコは気持ち悪がって食べない国もあるので、さすが美食の国イタリア!たこ焼き喜んでくれて嬉しい^^

たこ焼きランチ!

お箸の使い方もうまかった。よく日本食も食べているしい。

 

その後はイタリア人にとって大切なカフェの時間!

イタリアは世界的にも珍しい、コーヒー成分が強く抽出されたエスプレッソをどこよりもこだわって飲む数少ない国だ。

カフェインが強く、苦味や後味も濃く、最初は苦くて飲みにくいが、慣れるととても美味しい唯一無二の飲み物でもある。

そんな彼らも、イタリアを出て十日ほど経ち、日本では薄いアメリカンコーヒーしかほとんど見かけないので、すごくエスプレッソが恋しかったようだ。

表参道にあるSegafredo(セガフレッド)へと行く。これはイタリアのコーヒー会社である、日本全国には30店舗以上を展開する。

セガフレッド

Segafredo

店員さんも片言だがイタリア語を話していた。

出されたエスプレッソは、見た目も香りも良いが、一口飲んで、思った。

やはりイタリアの味ではないなと。

なぜだろう?

機械も、豆もイタリアのなのに。

きっとそれは恐らく水の問題。

イタリアは硬水だ。

日本は軟水だからだろうか..。

カフェ

 

そしてお台場へ〜

その後は、急遽思い立ってお台場へ!

なぜなら会話をしている中で、彼が大のアニメ好きで特にガンダムやマジンガーZに目が無いと知ったからだ。

(イタリアでは日本の古いアニメも今だにTV放映されていて人気がある。)

なのでお台場のダイバーシティにある実物大ガンダムの元へと案内する事に!

等身大ガンダム

すると、なんと彼は「このガンダムは動くんだ!」との情報を!

「何?そうなの??」と僕。

ネット検索してその真意を確かめると、確かに!

しかもちょうど後20分ほどで動く時間らしい。

するとそれに合わせたようにどんどんと広場には人が…、そして、

ガンダムファン達

光った✨

そして頭のツノが別れてV字型に!

なんか色々と変身した!!

 

音楽とともに、およそ2、3分ほどの演出だが、たくさんの人たちが集まって来ていた。

しかもそのほとんどは、外国人っぽかった。

大人気だ!ガンダム!!

ここに等身大ガンダムを建てた人エライ!!

なんて思いつつ…^^;

そして、興奮冷めやらぬ中、その後はレインボーブリッジと自由の女神を見て来ました。

一番行きたかったのは、秋葉原!

そして最後は秋葉原へと行きましたw

途中から、どんどんと行きたいところが増えてきて、そうだ!秋葉原を案内してくれ!との事でいざ秋葉原へ!

僕も人生で数回くらいしか行ったことがないけれど、とりあえず賑わっている方に行けば間違い無いだろう。

すると到着するや否や、彼は嗅覚を活かして、こっちだ!と初めてきたとは思えない勘の良さで、ビルの上階の奥の方までどんどんと進んで行き、そして見事に自身の一番好きなフィギュアの場所まで辿り着いたのでした。

ロボット大好き!

やっぱりロボット大好き!^^

最後に〜まとめ〜

毎回どんなお客さんが来るか分からない。

中にはめちゃくちゃ面白い人もいれば、なかなか神経質だったり、文句ばかり言う人が来たりする時もある。

たまに、これは試練かなって思う時もある。

まぁ、人生全てにそうだよね!^^;

でも、毎回みんなと仲良くはなれないかも知れないが、楽しんでもらおうと想いを尽くすことはできる。

Buon viaggio amici!

そんな想いが伝われば、どんな人とでも最後には笑顔で別れられると思うから。

そして、遠路はるばるとやってきてくれたこの地で、かけがえのない思い出ができることを願って。

出逢えたご縁。今日も一期一会を楽しもう!

Buon Viaggio cari amici!

 

[st-card id=5483 label=”お土産選び?” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]