JRパス

日々徒然

【JRパス引換の仕方】新幹線乗り放題の夢のチケット

みなさんは、訪日外国人のみが購入することができる「JRパス」というものをご存知だろうか?

そのお得な金額設定から日本を周遊する外国人旅行者の必須アイテムとなりつつある。

しかし日本人は買うことができなく、なので多くの日本人はその存在自体知らないこのJRパス。

しかし、もしあなたに外国人の友人がいて、その彼らが日本へと来る場合、もしかしたら購入してきているかもしれない。

その時は、知らなかったでは済まされない大変な目に遭わない為に、そのメリットと注意点をお伝えしよう。

JRパスとは何か?

まず、このJRパスは凄い!!

何が凄いか、それを簡単に説明するならば、なんと、日本中のJRの電車・バス・フェリーが新幹線を含めて乗り放題なのである。

もうこのたった一言でその凄さが分かったのではないだろうか!?

しかも、これは外国人、もしくは国外永住日本人(10年以上などの条件あり)しか購入することができないのだ。

まるで夢のようなパスだ!

JRパス

JRパスの引き換えの仕方

JRパスは購入時に貰った書類を窓口で引き換えてもらわないと使用することができない。

英語ではアクティベートという言葉を使い、「Activate the JR Pass voucher」などと言う。

もしあなたの友人が持っていたら、すでにパスを引き換えているかどうか確認しよう。

もしまだの場合、JRの引換所に行く必要がある。

それは、みどりの窓口などと併設されている場合が多いが、JRパス専用の窓口でしか行えないので注意だ。

必要な書類

・パスポート(入国時のスタンプを見せる)

・引換券

引換所一覧とオススメの引換所

ここに全国の引換所リストを載せておく。

地方でも、大きな駅に行けば窓口が設けられている。

JRPassExchangeOffices

 

東京や大都市に共通して言えるのは、混雑に要注意だ。

JRパスは、お世辞にも効率がよくない。その手続きがだ。

窓口に着いてから引き換えの作業のために、窓口の職員さんは色々な書類を作成している。

またこちらも色々な情報を記入する必要がある。

その為に、全部の作業が終わるまでに人数にもよるが、早くても10分くらいの時間はかかってしまう。

さらに窓口の数だが、その絶対数はみどりの窓口よりも当然少ないので、時間帯によってはかなり混雑する。

酷い場所だと、みどりの窓口が10個くらい空いているのに対して、JRパスの窓口は2個とか。また、場所によっては1個しか設けていない時もある。

また時間帯によってその混雑度も変わる。

窓口のお姉さん曰く、『午前中の方が混みますよ』との事だった。

JRパス引換所

オススメの引換所

オススメ引換所は、まずは成田空港だ。

到着ロビー地下にある。(第1第2とも)

ここは大型だ。窓口が10個くらいある。

ここで出来そうならば、ここでしてしまおう。

しかし混雑していると1時間以上の待ちもザラ。長いフライトの後にそれは堪えるだろう。

JRには改善を求めたい。

そしてタイミングが悪いと、到着したグループ全員がそのまま引換所に来てしまい、当然大混雑してしまう。

そもそものシステムの問題だ。

JRパス引換所、成田空港

JRパスの引換所は、東京圏ならば必ず『JR East Travel Service Center』書いてある。

もし、ここで時間を取られるようならば、ここは諦めよう。次へ行く。

(しかし、もし成田エクスプレスを使いたければ、それもJRなので、ここで引き換えをしないと使うことができない)

次にオススメなのは、都内各所の駅だ。

東京駅(複数箇所あり)
上野駅
品川駅(複数箇所あり)
新宿駅(複数箇所あり)
渋谷駅
池袋駅

午後の方が空いているとの情報だ。パスポートを必ず忘れないように。

東京と各主要都市の引換所の英語の案内図だが載せておく。<exchange_station>

JRパスの使いかた

ではいざ、JRパスをゲットしたらどうするか。

まずは日本全国のJRが乗り放題である!

特に難しいことはなく、ただ携帯していればいい。

その際、駅に入場する時は自動改札ではなく窓口を通り駅員さんにそれを見せる。毎回、出る時も一緒だ。

電車はなにに乗っていい。新幹線も自由席であればそのまま飛び乗ってしまって大丈夫だ!

注意!乗れない新幹線がある

夢のようなチケットのJRパスだが、しかししっかりと制約が設けられている。

それは乗れる新幹線だが、のぞみみずほは使えないのだ。

これは自由席であっても使えないので注意しておこう。

予約の仕方

その他の新幹線であればなんでも問題なく乗れるが、混雑期などは自由席だと座れるか心配だ。

その場合、JRパスでは追加料金なしで指定席も取ることができる!

窓口へ行き、乗りたい新幹線を予約しよう。

すでに引き換えてJRパスであれば、みどりの窓口でも予約ができる。

それか、引換所で引換時に同時にそこで予約してもらうこともできる。(混雑していると嫌がられるが)

またはJR指定の旅行会社、との事だ。

もし、旅行の全日程が分かっていれば全部の新幹線の予約をしてしまえるし、時間日付等に変更が出た時もキャンセルに追加料金などはかからない。

期間について

便利でお得なJRパスだが、使える期間が決まっている。

7日間、14日間、21日間

旅行の日数に合わせて、上手く使いたい。

例えば、引換所で引換えをした日を開始日としなくても大丈夫だ。

今日引換えて、3日後を開始日にすることもできる。(最高1ヶ月まで)

さらにそのまま引換所で、開始日以降のチケットも予約ができる。

上手く使えばお得である!

ちなみに期間の切れた後の日付の予約は、期間内でもできない。

料金

僕らには関係ないが(涙)、JRパスのその料金表を載せておく。

国内と国外での販売価格が違うので注意だ。また、購入した日から3ヶ月以内に引き換える事。

グリーン車用のJRパスもある。

<国外販売価格>
種類 区分 7日間 14日間 21日間
グリーン車 大人 38,880円 62,950円 81,870円
子供 19,440円 31,470円 40,930円
普通車 大人 29,110円 46,390円 59,350円
子供 14,550円 23,190円 29,670円
<国内販売価格>
種類 区分 7日間 14日間 21日間
グリーン車 大人 44,000円 71,000円 90,000円
子供 22,000円 35,500円 45,000円
普通車 大人 33,000円 52,000円 65,000円
子供 16,500円 26,000円 32,500円

 

まとめ

すごく便利なJRパス。

しかし、日本人向けには販売されていない為に日本国内ではその存在はあまり知られていない。

けれども、もし海外からご友人などが来られる場合などは、是非とも購入されると便利だろう。(その場合は購入してから来日するように。)

このパスがある事で、東京だけでなく地方の活性化にも繋がる事を期待したい。

JRパスマップ

-日々徒然
-, ,

Copyright© World Performing Blog , 2019 All Rights Reserved.