【未来の図書館!?】オランダで出合う進化系図書館とは!!

オランダ進化系図書館

日本でも最近、サービスの良い図書館ができてきたり、斬新な建築の図書館が造られたりし、市民の集う場所として賑わいを見せてきている。

しかしまだまだマイナーであり、そんな図書館は数少ないだろう。

そういった社会インフラや国の福利サービスがよく進んでいるのに北ヨーロッパは有名だろう。

ここオランダもそういった社会サービスが充実した国の一つである。

今回はご縁あって訪れた図書館の、その様子をレポートしてみたい。

もと駅舎をリノベーションした図書館

アムステルダムから電車で1時間半ほど、オランダ南部の街ティルブルフ「Tilburg」。

オランダ南部の街

 

駅の北口を出てすぐ、目の前にそびえ立つのが今回の目的地の中央ブラバント公立図書館だ!

もともと電車の車両基地だった建物なだけに巨大な造りをしていて、その中をまるまる図書館へとリノベーションしていた。

 

オランダ図書館内部

 

内部は広々としており、解放感がたまらない。

もとの建物の造りや構造を上手く合わせてリノべしており、時折無骨な柱や電車を吊していたのか、クレーンなどがそのまま残されている。

それさえもこの空間にマッチしていてお洒落に感じるのだった。

 

オランダ図書館内部2

図書館内部3

 

このテーブルは電車のタイヤ部分の上に置かれ、さらにレールの上に置かれている。

そう!動くのだった。

イベントに合わせて動かすようで、もとの造りを無駄にしない面白いアイデアだ^^

レールも上手く活用

 

知的好奇心を満たす図書館!

まず第一に図書館といえば本だ!

3階のフロアに渡って広大な面積に様々な種類の本が置かれている。

またヨーロッパ各国語の本、アラビア語や中国語の本も見つけた。

(日本語のは残念ながら見つけられなかった…)

一階にある総合受付は、厳かで落ち着いた雰囲気だ。

 

一階総合受付

 

子供のコーナー

子供のコーナーも充実していて、子供の遊び心を刺激する。

子供のコーナー2

巨大な絵本!?と思ったら、絵本型のベンチだった!

子供のコーナーエンピツ型の本棚が可愛い^^

子供のコーナー3

 

ゲームコーナー

なんと、こんなものまであるのかと驚いたが、さすが次世代への教育を意識している!

ここでは、ゲームの歴史と称して、ファミコンから現行の新しいプレイステーションやX-Boxまで置いてあり、本当に遊ぶことができる。

筆者は、子供の頃に懐かしんだスーパーファミコンの「ストツー」と「スーパーマリオ」で久しぶりに遊んでみた^^

ゲームコーナー

 

なんとこんなものまで!3Dプリンター!?

これは知的好奇心の延長線上なのだろうか、それとも図書館が社会に果たす役割なのだろうか。

確かに、印刷プリンターは今では公共の施設にはどこでも必ず設置されているものだ。

ここでは新しいテクノロジーである、3Dプリンターが設置されていて、誰でも試すことができるようだった。

3Dプリンターもある 3Dプリンターもある2

 

 

遊び心と、デザイン力!市民が使う図書館の役割とは

 

広大な館内を歩いていると、たまに面白い空間に出くわしたりする。

例えばこんな部屋。

本に囲まれて幸せ☆本好きには堪らない!?^^

どこからでも本を読める!?

 

こんな部屋で休むこともできる。

ちょっとしたパーティールームみたいだ。

図書館に来てエレガントな気分になるなんて^^

オシャレな図書館

 

また、様々な小部屋が用意されており、個人勉強用の個室もしっかりと用意されている。

そして次に目を引いたのが、ミーティングをしたりする会議室の多さだ。

目につくだけでも20以上の部屋が並ぶ。多くのグループがそれらの部屋を利用していた。

日本みたいに街中に貸し会議室などがないこちらでは、図書館の果たす役割は大きいだろう。

多くある小部屋達

 

またこちらは少し大きな講演ルームだ。

講演ルーム

 

館内を歩き回って疲れたら、ベンチもこんな感じ。

これらは本物の本を使ってできていた。

本の小休止、…って w^^;

ちょっと小休止ベンチ

もちろんカフェだってしっかりとある♫

図書館のカフェ

アクセスの仕方

オランダ鉄道「Tilburg」駅下車1分。

月-金 10:00~17:00
土日休業

https://www.bibliotheekmb.nl

Instagramサイトへ



まとめ

自分も日本で家の近くの図書館へとたまに行くことがある。

その度につくづく思うのが、こういったハイレベルな図書館への羨望の眼差しだった。

日本の図書館は、良くも悪くもまだまだ昭和的な古めかしいスタイルが多い。

しかし21世紀型の図書館とは、すでに本を読んだりするだけではなく、新しい知と出合う場所であり、他との共有空間、また社会と繋がる場所だったりする。

時間を持て余した時にぷらっと行け、本だけではない知的好奇心をくすぐる出合い。図書館の枠を超えた新時代の価値観を持つ図書館に、日本も早く追いついていって欲しいと思うのだった。

そこには社会を創る、無限の可能性を感じはしないだろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA