久しぶりに祖母の元へ!齢96歳!

祖母へ会ってきた話

先日、祖母に会ってきました。

会ったといってもガラス越しの対面で、さらに言うなれば、屋内にいる祖母に屋外から窓越しに会ったといった感じですが…。

現在、祖母は高齢者施設に入居していて、そして1年前からコロナによる影響で外部とは完全に遮断されてしまっていました。

去年は全く会うことはできなかったけれど、この1年で施設の方もいろいろと対応を考えてくれて、現在ではとりあえず窓越しならば会わせてもらうことができるようになったのでした。

ただ、会話用の穴が空いてたりするわけではないので、お互い何を話しているかほとんどわからないけれど…🌀

それでも実際に目の前で会えるのはやっぱり違いますね〜✨

祖母と久しく再会!

齢96歳。

でもまだまだ元気。

この分だと100歳いくんじゃないかな?

 

僕はもともとおばあちゃんっ子だったので、小さい頃はおばあちゃん大好きでした。

それでも「死」と云うものを小学生の時に学んでからは、いつかおばあちゃんいなくなるんだな。

僕が高校生になる時にはもういないんだろうな。

そんな事を思い、寂しさや悲しさも同時に感じていました。

 

ところがどっこい!

僕が18歳で高校を卒業しても全然ピンピンしているじゃないか!

その後20歳で海外に行っても

31歳で帰国しても

そして36歳になった今でも超元気⤴️✨

 

僕が大道芸をしているのを頑なに認めずに、口が悪いわ悪いわ…。

髪型がおかしいだの、ジーパン履けだの、TVをもっと観ろだの…w

それでも、一通り言い合った後は、すぐに仲直り(忘れて?)してご飯を一緒に食べにいく🍣🍝🍲

そんな時間が実はとても幸せなんだなと感じていました。

 

けどすげえな、うちのばあちゃん…w

頭もほとんどボケていないし、身体(内臓)も元気。

足腰だけ弱ってきていて、今ではほぼ車椅子らしいけれど。

 

長野の山奥に住んでいて、爺ちゃん10年前に亡くし、その後一人になりながらも先祖からの家を守ってくれていた。

ただ、さすがにもうこの歳で一人で山の中に住まわせるのは心配なのと、冬の寒さは厳しいので高齢者施設へと入ってもらうことにした。

 

入居するときはかなり体が弱っていたけれど、入居してからは回復しむしろ若返っている⁉️⁉️

施設では年中快適な温度で、三食バランスの良い食事が出て、コミュニケーションを取れる仲間達がいる、からだろうか。

 

最初は高齢者施設に入るのをとても嫌がっていた祖母だけど、でも一度入ればそんなに悪くなかったみたいで、今ではかなり周囲と打ち解けて楽しく過ごしている様子。

身体の状態を見れば一目瞭然で、弱っていた身体がぐんぐんと良くなっていくのを目の当たりにした。

頭もほとんどボケていないのは、やっぱり、人とコミュニケーションを取れるのが大きいんじゃないのかな、と思う。

 

人生100年時代とはまさによく言ったものだけれど

長生きだけが良いのかは分からないけれど

施設に入ることが良いことかどうかも分からないけれど

それでも、いつでも今この瞬間を楽しめたら、きっとそれが正解だと思う。

あとは頑固になりすぎないように🌀(自戒の意味も込めて)

 

最後に、近くに住む親戚の家に行き、新しく飼い始めたという猫ちゃんと戯れてきたのでした🐈

世にも珍しい「マンチカン」という猫

世にも珍しい「マンチカン」という猫

今流行りの「Ciaoチュ〜ル」。

麻薬でも入っているんじゃないかという程の食いつきの良さw

カワユイ😍💕

 

コロナ早く落ち着きますように🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA